お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    << ホネヌキにされたい/北上れん | main | 息もできないくらい/きたざわ尋子   絵: 笹生 コーイチ >>
    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2009.11.22 Sunday 13:51 | usamomo
    千億の夜をこえて-炎の蜃気楼シリーズ/桑原水菜  絵:浜田 翔子
     何を隠そうわたしのBLの原点なんです。この本から始まり、タクミくんそしてフジミ・・・。最初はルビー文庫さんあたりをうろちょろとしてたんですが、段々と手を広げていった感じですね。
    そんな私を友達は「どこまで行くの?次はBL小説書く!って言っても驚かない」と言っています。
    それは無いから!無理だから、(ちなみにその友達は腐女子ではありません。読んだ事もないそうです)

    【あらすじ】直江に抱えられ、傷ついた身体で天御柱に向かった高耶。二人がその中で見たものは思念の歴史を刻む心御柱だった。過去を遡り、思念の激流に放り込まれた高耶は、懐かしい人の思念と出会い、導かれるまま魔王・信長を追う。一方、伊勢合戦は全国に飛び火し、苦戦する嶺次郎たちのもとに現代人の僧侶たちが集まった。壮大な“闇戦国”の果てに待つものとは!?「炎の蜃気楼」完結編。



    【感想】今回は感想というよりも、出会い?という感じです。すいません。

    いや〜、終わってしまったって感じですよね。
    今もちょっことづつ夜叉衆編が出てますが、今は歴女って流行ってますね。
    大河ドラマ直江も私にとってはこの直江なんですよね。
    この本と「戦国無双」で大変戦国時代には賢くなりましたよね。
    本編は40冊ですが、あとチョコチョコ出てますから50冊はゆうに超えてます。

    最初集め出した頃はすでに30巻近くまで出てたので、古本屋に日参していたのを思い出しますね。

    この時はまだPCを持ってなかったのでネットショッピングなんて出来なかったので、あっちの本屋こっちの古本と走りまわりました〜(笑い)

    でもラストはなんかイヤなんです。死んじゃうなんて・・・。もうちょっと救いが欲しかった!
    あの終わり方だから救いはあるのでしょうが、実体が欲しいです〜!!
    ちょっとやるせない終わり方なので、なんだかなぁって感じなんですが、ストーリーはすっごくカッコいい設定ですよね〜。
    直江の性格には一部引く部分もありますが、結構この本に出てくる場所とかも行ったりしましたね。
    寺参り?大好きですね〜。って、なんか本の感想とかけ離れていってますが・・・。
    現代版の戦国時代ですね。高耶が、「影虎」この影虎は実際の人物は結構マイナーですよね。
    歴史の本にも出てこないですもね。「戦国無双」にも〜(笑い)。
    私は30巻あたりからが特に好きです。あと16巻あたりかな?千秋と高耶が熊本に行く所が好きですね〜。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 か行 その他 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |

    Comment
    It comments.









    Trackback URL of This Entry
    http://usamomo.jugem.jp/trackback/610
    Trackback