お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    << usamomo独り言 | main | usamomo独り言 >>
    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.07.21 Thursday 00:02 | usamomo
    犠牲獣 /桑原水菜  絵:佐々木久美子
    評価:
    桑原水菜
    リブレ出版
    ¥ 893
    (2011-07-19)
    コメント:これは好みがかなり分かれますね。私はう〜ん?キライじゃないです。最後のシーンはどうなるの?って感じだけれどあれはたぶんそれぞれ読者が想像するって感じなんだろうな・・・。ものすごく色々考えれました。だから最後は幸せっていう終わり方じゃないけれど切なかった。

    【あらすじ】密林の王国・ムタルの暴虐王バフラム。彼に祖国を滅ぼされた王子・サクは復讐するために生贄としてバフラムに近づくが、儀式となる閨で屈辱のうちに犯される。だが七夜続く二人だけの儀式を行ううち、バフラムの本音が垣間見え・・・。桑原水菜が描く圧巻のボーイズラブ、ついに登場!!
     
    【感想】これはすっごく感想が難しいお話でしたね・・・。
    桑原さんらしいお話なので桑原さんファンの方には普通に受け入れられるだろう感じの違う意味での濃厚さでした。
    初読み様にはきっと受け付けない方もいるかも?
    かなり濡れ場が多い本でしたね♪しかもラストの終わり方がかなり消化不良的な終わり方でしたが、
    ラストは読者が自分の思うように解釈できるという点で、このお話の内容だと読者的にはかなりありがたい設定だったような感じがします。

    私は結構好きな感じですし、サク視点のラストは切なくてグッときました。

    ただ3篇載っているのですが、ただ視点が変わっているだけで、生贄に決まってからの1週間のお話だったのでその辺が・・・。まぁ詳しく判るといえば判るのですが、何か物足りない感じがしました。


     

     攻:バフラム(暴虐王)×受:サク(生贄)


    ファンタジーですね。
    密林での勢力争い?的な、神々への生贄なんかもでてくる、どちらかといえばかなりエグイ神話的なお話になるのでしょうか?

    12年に一度の大祭。生贄を選ぶ為に行われるのは囚人たちを競わせてのサッカーやら蹴鞠?とは違いますが球技でのチーム戦なのですが、負けた方はその場で打ち首にされて、その血を神々にささげます。
    そして勝った方は生き残るのですが、その中でも暴虐王であるバフラムが選ぶ、この大祭での本当の生贄・・・。
    1週間の間、王に精液を注ぎ込まれ、王の身代わりとして神々へ心臓を捧げられる生贄・・・。
    それに選ばれたのがサク、だったのですが、彼はこの時を狙っていたのです。

    彼の出生は実は王子なのですが、バフラムによって滅ぼされてしまったのです。
    バフラムを恨み、復讐しようと考えてこの生贄になって彼に近づき、息の根を止めようと考えていたのです。
    でも、体格の差からなのか初日に狙いを定めたけれど、殺気をみなぎらせてしまいあえなく返り討ちにされてしまいます。
    身体は溺れても心はいつも殺気に漲っているサクに段々と惹かれていくバフラム・・・。
    そしてバフラムの孤独や闇そして民を思う気持ちをしって惹かれていくサク・・・。
    後1日というところでこの二人の想いが重なってしまいます。
    でも神に心臓を捧げなければならない・・・。悩むバフラムとサク・・・。
    そして二人が選んだ道は・・・。

    という感じで終わります。
    ここから先は読者の方の想像で・・・。って事みたいです。
    この1編を読んだときには、ちゃんと心臓を取り出したんだ〜!って暗い思いにかられていたのですが、次のバフラム視点のお話とバフラムの部下クク視点のお話を読んで、ありとあらゆるその後の想像をしましたね〜♪

    きっと幸せになったのだろうと・・・。ただその幸せは、生きて掴むのかそれともあの世で掴むのか?その辺りはちょっと考えましたけれど・・・。
    なにより救いだったのが心臓を抉り取るシーンが無かったことでしょうか?
    ただサクの思考でその場面を垣間見るところはあるのですが・・・。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 か行 その他 | comments(0) | - |
    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |

    Comment
    It comments.