お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2010.09.29 Wednesday 08:00 | usamomo
    飼い主はなつかない /菱沢九月   絵:高星麻子
    評価:
    菱沢九月
    徳間書店
    ¥ 650
    (2010-09-25)
    コメント:かなり気に入りました。分厚からちょっとしんどいかな?と思って読み始めたのですが、まさに一気読みでした。途中ホロりとさせられる所が数箇所あり、難しい内容なんだけど、人の存在や気持ちを色で現している所なんかはちょっと斬新で面白かったです。生い立ちからして不幸なナツだけれど、初めて人として認識できたサクラと幸せになれて良かったなぁって思える作品でした。

    【あらすじ】人ならざるモノも見えてしまう人嫌いの青年が、金色のオーラを纏う高校生になつかれて…!? 年の差センシティブLOVE!!



    【感想】あらすじからして、もっと軽めの内容だと思ったのですが、結構ヘビィまではいかないものの不思議なお話でした。どちらかと言うとオカルト系?かな。

    人には見えないものが見えるナツ。そしてよく食べに行くレストランで会った金色のオーラの高校生のお話なんですが、途中何度かホロリと涙を流しました。ナツの生い立ちも辛いものがあるし、事故にあった事がある高校生の作倉・・・。そんな二人が出会ってお互いが成長していく物語みたいな感じでとても気に入りました。

    生まれたときから視覚障害?この辺はあまり詳しく書かれてなかったのですが、人がはっきりみえない?色で人を識別している感じですね。小さい頃は幽霊なんかも見えて、どれが生きている人間で誰が死んでいる人間なのかは小さいナツにはわからなかった。そんなナツを両親は疎い、辛い幼少時代を過ごします。そこでナツが見つけた解決法が誰とも関らないって事です。特に初対面の人間に関しては返事もしない・・・。そんなナツがちょっと可哀相でした。

    二人で買い物に出かけた時に小さい男の子がお母さんと離れて迷子になってしまって、ナツに探してくれと泣き出すのですが、ナツにしたらこの男の子が死んでいるのか生きているのか分からない・・・。周りの人間はそんな男の子に近づきもしないから、きっと見てはいけない存在なのだと、思ったのに、作倉には見えていた。そう男の子は生きている人間だったんです。何故放っておくのか!と攻められたナツがちょっと可哀相だった・・・。

    恋愛面も良かったんですけど、そういった一つ一つのエピソード愛しかったり可哀相だったり微笑ましかったりと色んな感情が溢れてきた作品でした。
    特にハツカネズミの『ドライ』と後半に出てくる猫の『シロ』のお話は泣けてきましたね。

    どちらかというと人間関係とか恋愛関係とかよりもそういうお話の方が色濃いく出ている作品なので、そうのうが苦手な方はイヤかもですね・・・。最初の方のナツのキャラもどうかと?思うほど、愛想もない、冷たい人間に見て取れるので、それを乗り越えれば可愛いナツに会えます♪

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 菱沢九月 | comments(0) | - |
    2009.11.08 Sunday 17:49 | usamomo
    小説家は懺悔する/菱沢九月   絵:高久尚子
    菱沢さんの「小説家シリーズ」!! 
    私の大好きなシリーズです・・・遂に終わってしまいました!!

    【あらすじ】俺を何度も抱くのは小説のネタにするため…? 小説家・佐々原脩司の家に同居し、ハウスキーパーとして働き始めた律。佐々原はベストセラーを連発し、映画化も控えている人気作家だ。仕事上の好奇心だと言っては何度となく律を抱く佐々原。律は強引な佐々原の思いのほか優しい愛撫に流され、次第に心まで溺れてゆく…。ところが、佐々原と主演女優のスキャンダルが発覚し!?


    【感想】かなり痛い小説家と男運が悪いコックのお話です。
    仕事も彼氏も同時に無くして(夜逃げされました!)しまった律は友人の紹介で小説家の家でハウスキーパーとして働いて関係を持ってしまう。
    って感じですが、かなり佐々原は暗い過去を持っている!!
    あっちの世界とこっちの世界を行き来している感じですね

    律は佐々原を好きになってしまうんですが、主演女優とのスキャンダルの事を佐々原に詰め寄って、家から出て行ってしまうんですが、ずっと泣き続けてるんです。
    今まで泣く事が無かったのに、そのシーンは結構グッきましたね。
    あと佐々原のテレビに向かって「帰って来てくれ〜」にはおもわずビックリです!!


    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 菱沢九月 | comments(0) | - |
    2009.11.08 Sunday 15:37 | usamomo
    小説家は誓約する/菱沢九月   絵:高久尚子
    実は最初3冊目が出ると知った時「いらないでしょう〜」っと思ってしまいました!!私の中では最初の2冊でいい感じで終わってしまていたので...でもとりあえず出るなら買わなきゃ!!って事で購入しました!!

    小説家は誓約する 小説家は懺悔する3 (キャラ文庫) 小説家は誓約する 小説家は懺悔する3 (キャラ文庫)
    (2009/09/26)
    菱沢九月

    商品詳細を見る

    【あらすじ】書く作品はことごとく売れる、ベストセラー作家の佐々原修司と暮らす、元ハウスキーパーでコックの松永律。仕事に集中しているときは、不機嫌で手負いの獣のようだけれど、終われば恋人として存分に甘やかしてくれる佐々原との生活にも慣れた頃──。誉田という文芸評論家が、佐々原の最新作を「作風が変わった」と酷評しているのを知ってしまう。律は小説は読まないけれど、どうやら律と暮らし始めて以来の変化らしい。もしや、自分の存在が佐々原の作品にマイナスの影響を与えている…?律は、誰にも相談できずに悩み始めて──!?


    【感想】良かった〜!!3冊目!!要らないなんて言って「ごめんなさい!!」すごくステキなお話になってます!今回は脩司が自分の気持ちをちゃんと言葉にして、律に伝えている所が良かったですね....。なのに律ときたら、一人でグルグルと...正しく「溺愛」されてます!!
    表題の「誓約」は、脩司が律と過ごして来て、作風が変わったと言われて結構批判があったりした本が大賞を受賞して、お互い周りに振り回されてちょっとすれ違ってしまう時に、脩司のライバル登場....ステキな人でしたね...。律はまたグルグルと悩んで「ちーちゃん」に相談したりと、大変です。
    2人は幸せの「誓約」を交わすのです!とってもステキな終わり方でした!!

    お気に入り度:★★★★★
    挿絵度:★★★★
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 菱沢九月 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2009.11.08 Sunday 15:19 | usamomo
    小説家は束縛する/菱沢九月   絵:高久尚子
    小説家は束縛する ―小説家は懺悔する(2) (キャラ文庫) 小説家は束縛する ―小説家は懺悔する(2) (キャラ文庫)
    (2005/12/17)
    菱沢 九月

    商品詳細を見る

    【あらすじ】昼夜を問わず求められる、甘い蜜月―。元コックの律は、人気小説家の佐々原と同棲中。強引で優しい佐々原とのセックスに溺れながらも、彼の世話だけに明け暮れる毎日に不安もあった。そんなある日、律はオープンしたてのレストランで、昔の男と再会する。神経質な外科医のような容貌で、シェフとしても一流の土屋。「この店で働かないか」と口説くように誘われて…。



    【感想】今回は結構ほのぼののラブラブで楽しく読めました!!「律、就活する」編ですか?
    土屋の過去がちょっと怖い感じがしますが、仕事がして自立したいという律の気持ちはよく分かりますね。やっぱり律はシェフとして働くべき!!そんな気持ちを理解した佐々原はエライ!!

    お気に入り度:★★★★
    挿絵度:★★★★可愛い!!
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 菱沢九月 | comments(0) | trackbacks(0) |

    / 1/1PAGES /