お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.05.13 Friday 00:01 | usamomo
    他人ではないけれど /樋口美沙緒  絵:穂波ゆきね
    評価:
    樋口美沙緒
    徳間書店
    ¥ 570
    (2011-04-27)
    コメント:すごく良かったですね♪恋愛ものというよりも作品としてとても良かったような気がします。もちろん恋愛もののジレジレとか攻がどれだけ受を大事にしているかも後半ず〜ん♪ときます♪

    【あらすじ】父を亡くし、父の後輩の渡会久代に引き取られた篤史は、下引き取ってくれた養い親に恋しながらも、その息子も気になった!?今注目の新人作家が贈るスイートホーム・ラブ!


     
    【感想】すごく良かったです♪恋愛もの!と考えるとジレジレ感を感じましたけれど・・・。作品としてはとても素敵なお話でした。
    でも攻めの忍の気持ちはとても良かったです!どんに耐え忍んできたか!どんなに受けの事が好きで好きで!って感じが後半よく伝わってきました。最初の方はなんとなくは気づくんだけど、共感までは行かなかったんですけれど、後半はすごく胸に響いてじ〜んてしまいた。
    だからなのか?受けの気持ちに違和感?というか、物足り無さを感じてしまったんですけど、受けの家族を父を思う気持ちはものすごく切なかったです。
    なので素敵なお話♪という読了感でした。
    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 樋口美沙緒 | comments(4) | - |
    2010.12.26 Sunday 00:00 | usamomo
    愛はね、 /樋口美沙緒   絵:小椋ムク 
    評価:
    樋口 美沙緒
    白泉社
    ¥ 630
    (2010-12-17)
    コメント:ラストと俊一視点のお話はとても良かったんですけど、本編はちょっとしんどかったです。続編はかなり期待した内容になるのでは!!

     【あらすじ】予備校生の多田望は、幼馴染の俊一に片想いをしていた。ノンケの俊一は決して自分を好きにならないと知っている望は、俊一以外の誰かを好きになりたくて、駄目な男とつきあってばかりだが……。 2010年12月刊。



    【感想】感想が結構難しいですね・・・。
    続編があるという事を前提に読めば、それなりに納得できる内容かとは思いました。

    切ないという評価がかなり多いみたいですね。私は切ないまではいけなかったのがちょっと物足りないです。心の描写はとても上手くて望の心の苦しさや、寂しさなどはよく理解は出来たのですが、出来るならば『俊一、一筋』で押して欲しかったです。
    俊一が好きだからその切なさも言葉の響きもよく伝わってくるのですが、他の誰かといつも付き合っているというのが健気さとはほど遠くて切なくはなれませんでした。
    しかも付き合ってきた相手はかなりのロクデナシばかりだし・・・。
    そして最後には俊一の所に逃げ込むみたいな行動だし、俊一の言葉にも『いいところもあった』と相手を庇う的な言動がみれる。
    そんな望に前半はイライラしました。
    なので庇っていても段々と疲れてきた俊一の言動や行動にも理解が出来ました。
    そしていつまでも自分の気持ちから逃げている俊一にも多少イライラしましたね。

    でもラスト!!これはとても綺麗な終わり方でした。CPになるわけではないのですが、
    このまま死ぬかもしれないと思った望の心情がとても綺麗で、やっと自分の事を好きになれた望のこれからがとても楽しみです。だから続編はすっごく期待してるんですよね♪
    なのでそれに繫がるこちらのお話は続編次第で、かなり感想が変ってくるんじゃないかと思っています。

    ラストに、『おまけ』のようにこれからの二人の関係を予感させるかのような、俊一視点のお話はとても切ないような、もどかしいような、なんだか可愛い♪と思える内容でこれもまた、続編の期待を持たせるには十分な内容でした。
    〜愛されたほうが 不自由で  愛したほうが  自由  〜
    俊一の今の自分の気持ちを持て余して、もがく心情そのものでした。



    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 樋口美沙緒 | comments(2) | - |
    2010.04.23 Friday 08:00 | usamomo
    愛の巣へ落ちろ! /樋口美沙緒  絵:街子マドカ
    【あらすじ】シジミチョウ出身で庶民の翼は、ハイクラス名家の御曹司でタランチュラ出身の澄也に憧れ星北学園に入学。しかし実際の澄也は超嫌な奴で、あげくにすぐに手を出され!? 擬人化チックファンタジー! 2010年4月刊。



    【感想】すっごい!!めちゃめちゃ良かったです。
    今月は結構いい本にめぐり合えた!とか思ってたんですが、今の所これが1番って言ってもいいぐらい、良かったです。
    本当はネタバレしたい所なんですが、気に入った所ばっかりだったので、かなりの長文になりそうで、私の記事読むより本を読むほうが分かりやすいかと・・・。
    ネタバレなしでも、結構長くなりそうな、興奮度でございます・・・。

    いろいろ私的にマイナスポイントはあるものの、それを上回るほど、良かったです。

    まずマイナスから「擬人化」でしょうか?あまり好きじゃないんですよね。
    そんな方もいらっしゃると思いますが、この擬人化はこれが?ってぐらいです。
    大昔に昆虫と人類とが生き残って行く為に融合した結果みたいな、感じなので、しいて言えば・・・、
    昆虫独特の能力を持つ人間ですね♪
    ハチだと、爪から針を出したり、蜘蛛だと糸が出てくる・・・感じです。
    どちらかと言えば、階級差別が大きい割合を置いている内容です。
    受けは「ロウクラス」攻めは「ハイクラス」といった感じで殆どがハイクラスの人間がいる学園にロウクラスの翼が入学する。
    この翼にはいろいろ秘密がありまして「性モザイク」なんです。なんでも、性モザイクは短命という設定。 ほとんど家で過ごす翼がテレビで見た、攻め「タランチュラ出身の澄也」の言葉に励まされ頑張って入学します。本物の澄也はかなりの期待ハズレな奴ですが・・・。

    結構山場が多いです。途中いい感じ〜になった二人ですが、その後ひと山もふた山も待っております。翼の切ない気持ちもすっごくいいですし、澄也の分かりずらいけど、翼を思う気持ちも良かったです。

    =俺が確かに生きていたってことを、誰かに知っていてほしい・・・=

    この言葉がきっとこのお話の原点になると思います。

    あとがきの後のおまけは澄也視点なんですが、もう翼にはまりまくってしまった・・・。不器用な、カッコ悪い澄也が堪能できて、これもまたとても良かったです!!

    まだ2冊しか出されてませんが、本当にとってもお気に入りの作家さんになりました。

    おきにいり度:★★★★★
    挿絵度:★★★
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 樋口美沙緒 | comments(2) | trackbacks(0) |
    2009.12.23 Wednesday 17:36 | usamomo
    愚か者の最後の恋人/樋口美沙緒  絵: 高階 佑
     樋口さんの可愛らしいお話の紹介です。

    【あらすじ】惚れ薬を飲まされ、雇い主で貴族のフレイに恋してしまった使用人のキユナ。誰にでも愛を囁く節操なしのフレイのことが大嫌いだったはずなのに、面白がって悪戯されてもその手を拒めなくて……。


    【感想】可愛くてちょっぴり切ないお話でしたね・・・。惚れ薬を飲まされて大嫌いなフレイに恋をするんですが、途中、結構山が沢山ありましたね。展開が結構速くって、面白かったです。


    大嫌いなフレイを好きになってしまって、おまけにフレイは節操なしなので、結構傷つきます。
    フレイはキユナの事が大切なのに懐かないから意地悪する。っていう悪循環なのですが、
    昔から意地悪してたので、キユナなフレイが嫌いなんですが、雇い主様の命令で婚約者のいるフレイを家に連れて帰らなければならない。
    殺人者になって、牢に捕まったり、剣を真剣と取り替えられて牢に入る代わりに監禁されたりと結構いろいろあります。
    でも、なぜか、フレイは助けてくれない!切ないです。
    惚れ薬のせいでも、キユナはフレイが好きになってしまっている。そんなキユナにフレイは酷い事をいっぱい言います。

    フレイが大切にしている少年の為にある敷地を与えてあげたいが為に、ある男に取り入れと・・・。
    キユナはその男のもとに行くのですが、優しいです彼は・・・。
    実はキユナの父親なんです。
    そんな中彼が刺されるんです。それをキユナのせいにされて、牢に繋がれる・・・でも、キウナは脱走して、彼が死んでいないかもしれない!といって探すんです。
    そんな時・・・彼とフレイと3人が塔に閉じ込められる。
    と結構展開が速いしその中でも色々と事件が起こります。
    中世の時代のお話なので、ちょっと最初は難しかったのですが、結構盛り上がりました。想像つかない展開でしたし。

    屋敷に帰って、惚れ薬の解剤を飲みます。
    でも、キユイはとっくに、フレイに惚れてしまっているから・・・フレイもキユナが好きで・・・。
    でも、フレイには婚約者が居て・・・って、感じで終わるのです。
    実は、最後は婚約者は自分だったってオチなんですが、幸せになって貰いたい1冊です・・・。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 樋口美沙緒 | comments(0) | - |

    / 1/1PAGES /