お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.03.13 Sunday 00:01 | usamomo
    絶対者の絆 /羽野高生   絵:しおべり 由生
     【あらすじ】極道の組、里見家次男の智也は実家を離れて静かに暮らしていた。ある日、組長である兄が突然失踪してしまったため、組の上部組織の龍崎組組長の屋敷に連れていかれる。そこには荒削りな容貌、傲慢な眼差し、背中に“氷龍”を背負い、冷酷無比な男と恐れられている龍崎達仁がいた。彼の絶対的な存在感に思わず智也は魅入られる。だが、そこで初めて兄の身に危険が迫っている事を知って絶望する智也に、兄を捜し出してやる代わりに自分のものになれと龍崎は提案してくるが―。過去を乗り越えながら成長していく、人と人との深い絆。


    【感想】羽野さんのヤクザものです。でも結構、明るい?というか脇キャラが盛り上げているからなのか、かなり好きな作品です。
    確か初ノベルズのはずです。
    この本を読んで全部コンプ中です。でも1年に1冊ペースぐらいですね
    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 羽野高生 | comments(1) | trackbacks(0) |
    2010.01.15 Friday 10:41 | usamomo
    隷属の檻 /羽野高生  絵:藤井咲耶
    羽野さんの1年ぶりの新作です。 

    隷属の檻 (クロスノベルス) 隷属の檻 (クロスノベルス)
    (2009/12)
    羽野 高生

    商品詳細を見る


    【あらすじ】亡き義父母が残した学習塾を守るため、志信がかつての同級生・飛島とした契約。それは、五日間、飛島の奴隷となり借金分の五百万を手に入れる―。養父母が大切にしていた塾は手放せない。志信はプライドを捨て、飛島に跪く。だが、飛島はその気持ちをあざ笑うかのように、志信を陵辱した。身体は快楽に流されても、心だけは屈しないと抵抗する志信だったが、言葉とは裏腹に熱い飛島の瞳に囚われていく…。


    感想羽野さんの本は全部読んでるんですが、これで、4冊目ですね。
    そのうち3作はヤクザ物です。 設定はそれぞれ違うのですが、なんかちょっと似通っている?って同じ作家さんなんだから、当たり前なんですが・・・それが、ちょっと引っ掛かりを感じながら、読みました。
    お話の流れ方は結構好きなので・・・どの攻めも結構傲慢なんですが、セリフや行動にちらほらと受けへの愛を感じるんです。〜そこが好き〜受けは大概、鈍感です。そこが、またいいんです。

    学習塾を守るために契約をする志信・・・借金の金額は5百万!5日間同級生だった飛島の奴隷になることなんです。
    高校時代3年の半分ぐらいだけ、同級生だった二人です。志信は「委員長」すっごく真面目で堅物な委員長ですね 。飛島は誰とも群れない・・・飛島の急な転校で、それから、10年の月日がたってるのですが、志信の塾のビルを買い取ろうとしているのが、ヤクザになった飛島です。

    お互いがお互いを憎んでいるだろうと思って5日間を過ごす事になるんです・・・。

    高校時代、何かと委員長の意見に反発する飛島・・・それに負ける事無く言い返す志信!っていう図式だった。そして、飛島の転校理由が「Y女を妊娠させた」って事に噂ではなっているんです。
    それをチクったのが、志信で、って言う事に・・・。実際には志信の事を良く思ってない同級生が巻いた噂なんですが、そのせいで、志信は飛島が転校した後クラスメートに無視される・・・。
    自分の名前は「委員長」用があるときのみ、呼ばれる名前・・・それ以外は無視。という辛い高校生活を送るんです。志信自信がとっても不器用で、感情を上手く外に出せないんです。

    最後の方に「本当の両親が死んで誰も志信と呼ばなくなって、養父母も志信さんと呼んでいてくれたのにその二人も亡くなってしまって・・・もう誰も自分の事は名前で呼んでもらえないんだろうと思っていた・・・」って感じのシーンがあるんですが、カップルになって飛島が志信の事を「委員長」ではなく「志信」と呼んでくれた時に涙を流すのです。結構切なかったです。

    お互い自分の気持ちに気づかずに過ごした高校時代・・・。再会して、5日間の間にお互い自分の気持ちに気づく・・・。飛島は自分がヤクザだから、決してこちらの世界には入れてはいけないと自分にブレーキをかける・・・。志信は飛島が結婚すると知って自分の気持ちにブレーキを・・・。お互い相手に気遣い、すれ違う。
    なので、志信は飛島からもらったお金は持って返らずに、自ら身体を売ることで、5百万を用意しようとします。そこへ飛島が飛び込んでくる・・・。
    とっかかりは、結構しんどかったんですが波に乗ると一気に引き込まれて面白かったです 。
    羽野さんらしい展開で、ラストはほのぼのしました 。
    でも、私的には前作の「ボーダーライン」が一押しなんですよね。
    初めて書かれてヤクザでないお話に結構ときめきました。切なさ、潔さにちょっと暗めの展開ですが・・・好きでしたね。


    お気に入り度:★★★
    挿絵度:★★

     


    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 羽野高生 | comments(0) | trackbacks(0) |
    2009.11.08 Sunday 17:19 | usamomo
    ボーダーライン/羽野高生  絵: サクラ サクヤ
     羽野さんの本はとりあえず全部読んでます。年に1冊ぐらいのペースみたいなので、忘れた頃に出るって感じですね。今度も12月に発売するみたいです。ショコラ様からです。
    購入するとは思いますが、結構ヤクザ系のお話が多いです!って言っても、まだ全部で3冊ですから、でもそのうちこちらの本は、ヤクザ系ではない普通のお話です。


    【あらすじ】夏住邦之は、大学の後輩である室生士朗が立ち上げた広告制作会社に専務として勤めるかたわら、野性的な魅力から多くの女性と付き合っては別れるという室生の面倒を、呆れながらも長年見てきた。だがある時、室生が初めて男性相手に恋をした事を夏住は知った。いつにない真剣さで彼のことを語る室生に対し、夏住は説明の付かない焦りを感じ始めた。そしてある夜、酒の勢いから夏住は「男とのやり方を教えてやる」と室生を煽り、二人は関係を持ってしまうのだが――。


    【感想】今回は初めてのリーマン物ということで、ちょっぴり期待して読みました!!
    良かったですよ。
    室生は結構派手に女性と付き合っていて、それを色々面倒みながら夏住は長年見てきてるのですが、初めて室生の対象が男になった時に、夏住は自分の気持ちに気づいてしまう
    それからが・・・結構切なかったですね
    室生は結構朴念仁ですね〜。夏住が居ないとまともに生活送れないくらいなのに、何が大切か分かってない!!
    夏住は室生の気持ちで頭がいっぱいになって仕事でちょっとしたミスをするのですが、それをきっかけに退職届を出して姿を消してしまう・・・きっとすごく不器用なんでしょうね。なんか切なくなってしまいました。

    書き下ろしの方もお互いの気持ちのズレが段々大きくなって行って別れる寸前まで行くのですが、こちらの方がもっと切ないです!!夏住もちょっぴり可愛くなって居る様に思います。
    不器用な大人の恋愛って言う感じでとても好きな作品です。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 羽野高生 | comments(1) | - |

    / 1/1PAGES /