お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.02.15 Tuesday 00:01 | usamomo
    若と馬鹿犬 /成瀬かの  絵:海老原由里
    評価:
    成瀬 かの
    心交社
    ¥ 670
    (2011-02-10)
    コメント:良かったですね。お互いの繋がりとか存在価値みたいなのが重要で楽しめました。前半が受け視点で後半が攻め視点という設定でとても良かったです。ワンコの攻めの心情もとても良かったです。

    【あらすじ】20代の若さで鬼哭会の若頭を務める乾御門には、無口な美貌の護衛・長峰朗が常に付き従っている。だが、忠実なはずの朗が聞き分けのない犬のように御門を欲しがり、力ずくで抱いていることを誰も知らない。


     
    【感想】かなり気に入りました♪
    前作とはちょっと違う感じで、新たな発見的な感じでした。
    前作がマフィアで今回がヤクザなのですが、もちろん違うお話なので違って当然なんですけど、
    なんだろ?心のつながり?というか攻めの虚無の人生の中のただ一つ心臓の部分にある人物が受けの御門。
    何故?力づくで抱くのか?とか二人の出会いは?とか気になる事が結構多くて、読み進めていくうちに色々と判ってくる。そんな感じがとても良くて、休む暇なく読み続けました♪

    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 成瀬かの | comments(0) | - |
    2010.09.14 Tuesday 08:00 | usamomo
    憂える天使〜アンジェロ〜 /成瀬かの  絵:穂波ゆきね
    評価:
    成瀬かの
    笠倉出版社
    ¥ 935
    (2010-09-10)
    コメント:前回よりも断然泣けるし、内容もとっても良かったです。結構早い段階でフェランドに連れ去られてしまうので、里玖とクラウディオが一緒にいるよりもフェランドと居る方が多いのですが、離れていてもお互いを思っての心情が語られたり、里玖の過去も出て来て良かったです。

    【あらすじ】天使じゃなくても、愛してくれる?
    孤独だった少年・里玖は、マフィアのボスであるクラウディオと結ばれ、幸せな新婚生活を送っていた。だが、何もできない自分はクラウディオに愛される資格はあるのか――心の隅には常に、そんな不安が暗く影を落としていた。悩んだ末、里玖は拙いながら彼に奉仕をしようとするが、大人なクラウディオの愛撫に翻弄され、喘がされるばかり。このままではいけないと屋敷を抜け出し、彼へ贈り物をしようと街へ出た里玖は、殺し屋に攫われてしまい……。



    【感想】すっごく良かったです。1冊目よりも今回の方が断然上回りましたね。
    とにかく泣けます。途中何回もうるうるきました。

    里玖はいつも心の何処かに不安があります。今は、クラウディオにも家族の皆にも愛さてレいるのに・・・。
    自分はクラウディオの傍にいていいのだろうか?いつまでこの生活が続くのか?何か努力をしなければ・・・。と悩みながらも一番大事な語学力が全然努力してないなぁ〜って思ってたんですけど・・・。

    落ち込むリクにマンマがお小遣いをくれます。里玖がお手伝いをしてくれるたびに瓶の中に貯めていたコインを里玖に渡します。
    実際里玖にしたら、お金なんて要らないんですよね。でも、マンマに返せるわけでもなく、このお金でクラウディオとマンマにプレゼントをしようと考えます。
    今、里玖の傍にいるのはテオなのですが、テオが離れた隙に屋敷を出て買い物に行きます。
    その時に、たくさんの子供に襲われて金目の物を取られそうになった所をフェランドに助けてもらいます。
    その後も買い物に付き合ってもらいます。クラウディオとマンマと、そして助けてくれたフェランドにささやかながらお礼のプレゼントをします。そこにテオがやって来るのですが、ナイフで刺されてしまいます。
    そう、彼はクラウディオを暗殺しに来た殺し屋だったのです。
    顔を見られた事からフェランドは二人を連れ去ります。連れ去られた後には二人へのプレゼントが残されています・・・。

    結構序盤で連れ去られてしまうので、クラウディオと里玖が一緒にいるシーンっていうのは、少ないです。だけど、離れている間にお互いの事を思う心情っていうのに泣けました。

    自分が人質になる事でクラウディオが不利になると考えて里玖は、フェランドに『殺してくれ』とお願いします。自分はいらないから・・・と。
    それまで語られなかった里玖の過去の母親への心情がフェランドに語られます。結構泣きましたね。
    フェランドも里玖という人間に惹かれ行きます。

    クラウディオもそうですし、闇の世界で生きる人間にとっては、里玖という存在が唯一の良心なんでしょうね。だから『天使』なんですね。
    でも、それを里玖が自分で気づけない内はずっと不安を抱えたままなのでしょうけれど・・・。

    テオが面白かったですね♪何気に里玖の事が気になっているものの、フェランドに突っ込まれると、
    『俺は、年上が好きなんだ!』って・・・。里玖の実年齢を知ったらどうなるんだろう♪

    結構ハラハラさせられながらも、切ない、温かい気持ちにさせて頂いた内容でした。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 成瀬かの | comments(0) | - |
    2010.01.21 Thursday 08:00 | usamomo
    僕の悪魔-ディアブロー-/成瀬かの   絵:穂波ゆきね
     【あらすじ】目覚めたらそこは、見知らぬ異国の地だった。憶えているのは、義父と飛行機に乗ったことだけ。異国の言葉で話しかけてくる美しい男・クラウディオに、里玖は心を奪われる。温かで強引な彼の家族にもてなされ、愛情に飢えていた里玖は束の間の幸せに浸る。次第にクラウディオに惹かれていた里玖はある日、彼を想いながらした自慰で達してしまう。彼を穢したことに落ち込む里玖。だが、クラウディオがマフィアのドンで、自分は取引の為の生け贄だと知り―。


    【感想】里玖の今の性格を成り立たせている過去の出来事に、かなり同情しました。
    可哀相でした。だから、その里玖の一途さがとってもグッきましたね。
    この家にいてとっても幸せだと思う気持ちがとてもキレイで・・・不憫でした・・・。
    里玖を巡ってマフィアの争いが酷くなるのです。 英語での会話には笑いました。
    それでも、高校生か!って・・・。クラウディオの家に連れて行かれるのですが・・・実はリクはクラウディオが敵対する、老人に渡されるはずだった誕生日プレゼントなんですよ〜!たしかに可愛いのですが・・・17歳だろ〜って感じなんです。
    リクも自分が子供と勘違いされている事を否定しないんです。
    たぶんここの家族はリクにとって夢のような家族なんですね、皆に構われて大事にされる。
    そんなこんなで、リクはクラウディオを好きになっていくのですが、クラウディオはリクの事を取引の材料としか思ってないのですぅ〜 !クラウディオの友達で日本語が出来るロベルトがリクに事情を話して連れ出してくれようとするのですが、リクはクラウディオのことが好きだから自分で役に立つならこの家族の為に犠牲になっても構わないって・・・(って演歌の世界かぁ!て感じですが・・・)
    「この数日は自分にとって一番幸せだったから・・・」と、健気ですね〜。
    翌日マフィアに家が襲われる・・・。リクは身体をはってマンマを助けるのです。
    そこで、クラウディオもリクの存在を受け止める。でも、言葉が通じないから・・・意思の疎通がまるっきり出来ていない〜!でも、リクは例え嘘でもひと時クラウディオと過ごせるなら・・・って感じですね。クラウディオにしたら、リクを老人に渡さない為にいろいろしなきゃいけない事が出来てきて、忙しくなるんです。それこそリクに構ってられないくらい・・・。
    そんな時キレイな女性が家にやって来てウエディングドレスなど・・・そんな会話がもれ、リクはご飯も食べなくなり眠れなくなります・・・。そして、ある日リクにきれいな服を着せて・・・って感じですね。

    とってもリクの背景にはうるうる来ました。でも、これで17歳っていうのが、どうもしっくり行かない!
    それだけが、どうしても引っかかりました。それを差し引けばOKなんですが・・・。
    どうせなら15歳とか本当に子供のラインの設定にすれば良かったのに・・・とは思いましたね。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 成瀬かの | comments(0) | trackbacks(0) |

    / 1/1PAGES /