お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2010.07.11 Sunday 13:22 | usamomo
    囚われの花嫁は秘蜜を奏でる /月東湊   絵:水貴 はすの
    評価:
    月東 湊
    イーストプレス
    ¥ 893
    (2010-04)
    コメント:前作でも思ったのですが、設定はまさに王道なのです。でも途中から、とってもワクワクする、感じです。今回は謎解きもあり、一生懸命の受けちゃんがとっても良かったです。ちょっぴり泣けました。

     【あらすじ】家族を事故で亡くし、すべてを失いかけた槇人を救ったのは、憧れの従兄弟・慶一だった。慶一の言葉を信じ、その身を委ねる槇人。だが慶一の狙いは、花嫁だけが知ると言われる槇人の家…青海川家の隠し財産だった。しかしその存在を知らない槇人…慶一の目論見を聞かされても、幼い頃から想い続けている慶一を憎むことができず…。一方、痺れを切らした慶一の弟・英一は…。隠し財産に翻弄される運命の花嫁。


    【感想】めちゃめちゃ良かったです。王道を行く王道設定!

    小さい頃から、大好きだったお兄ちゃん的存在の従兄弟の慶一。
    槇人は一度に両親と弟を事故で失くしてしまう。悲しむ暇も無く、父に借金がある事がわかります。
    そこに、借金は山波家が支払う!と慶一が助けに来てくれます。「俺が守る。俺に任せてくれ。」と・・・

    慶一が大好きで、信頼していたので、慶一にすべて任せた槇人だったんですが、いきなり、慶一が襲ってきた。槇人は「花嫁だ」と・・・。
    まさに王道ですよね。借金の肩代わりに花嫁!って!

    前作でも、思ったのですが、中盤あたりまでは、まさに王道一直線なんですよね。そこから、ちょっと路線がずれて一気に引き込まれます。

    今回は隠し財産の謎解きです。槇人がピアニストっていうのもいいです。未だ大勢の人の前でピアノなんて弾いたことはなかったけれど、実は槇人は天才なんですよね。父はそれをわかっていて、小さい頃から身体の弱かった槇人に、本人さえ気づかない様に、ピアノの英才教育を施していたんです。
    オーストリアの知人にテープを渡して、槇人を紹介するつもりで、居た所の事故だったのです。

    その後を慶一が引き継いで、日本に来日した彼を槇人には内緒でピアノを聞かせるのです。
    パーティで着物を着せられて弾かされるのですが、そこにいた人々をすべて魅了してしまう。

    気になる謎解きですが、槇人の家では代々伝わる秘宝があるのです。慶一の家はそれを狙っているのです。悪事を重ねて、会社が危なくなってしまい、それを探す為に槇人を花嫁にしたのですが・・・
    もちろん慶一は槇人を守る為なのですけど・・・。その秘宝に槇人の家族の愛がすべて詰まっていた様な気がします。いつも、長男なのに身体が弱くて皆に迷惑をかけて、家族に対して引け目を感じていた、槇人ですけれど、これですべて救われます。

    悪役で出てきていた英一も実は・・・と言う感じで終わって、後味もすっきりと、面白くて、ほのぼのしていて、本当にいい作品でした。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 月東湊 | comments(1) | trackbacks(0) |
    2010.05.25 Tuesday 11:42 | usamomo
    月の砂漠で抱きしめて /月東湊   絵:藤井 咲耶
    月の砂漠で抱きしめて (アズ・ノベルズ) 月の砂漠で抱きしめて (アズ・ノベルズ)
    (2009/06)
    月東 湊

    商品詳細を見る

    【あらすじ】商談先で聞いてはならない会話を耳にしたことにより命を狙われる優司。敵なのか味方なのか…異国の血を引くアレクセイに助けられたのはいいが、命の保障と引き換えに求められたのは優司の身体だった…。アレクセイの愛撫に身体は堕ちても心まではと殻に閉じこもる優司だったが、彼を慕う人々に触れ…彼の過去が心の傷となっていることを知り、戸惑いながらも次第に…。エキゾチック監禁愛。


    【感想】ずっと気になっていてやっと購入出来た本です。
    結構評価も良かったですし、そろそろ砂漠ものにも飢えて来たので、デビュー作と言うことだったので、まぁまぁでもいいか〜と言う気持ちで読みました。

    砂漠モノで命を守って貰う引き換えに身体を差し出す。まさに砂漠モノならではの王道設定でした♪

    最初の方は結構他のと似たり寄ったりの展開なのですが、とても心の描写が上手いです。
    途中からは一気に引き込まれました。攻めがとっても愛しいです。 好き勝手に身体をもて遊ぶのに決してキスはしない。

    受けが攻めのすべてを知って攻めの事が好きになって愛しく思ってキスをして告白すると、拒絶するのですが、もうそのシーンはホント、攻めが愛しくて涙しました。

    まさに王道なのですが、内容と心の描写で他とはちょっと違った感動と言うか甘酸っぱいような気持ちを味わえました。

    もう1冊出されてますのでそちらも近いうちに手に入れたいなぁと思ってます。

    お気に入り度:★★★★
    挿絵度:★★★
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 月東湊 | comments(0) | trackbacks(0) |

    / 1/1PAGES /