お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.06.07 Tuesday 00:01 | usamomo
    誘眠ドロップ /崎谷はるひ
    評価:
    崎谷 はるひ
    海王社
    ¥ 630
    (2011-05-28)
    コメント:可愛いいお話でした。本編は良かった!!と手放しでは言えないけれど、3年後と10年後のお話は短いのにとても気に入りました。やっぱりカップルのその後っていうのがいつまでも甘々っていうのは嬉しいですよね♪私もく〜ちゃんが欲しいです!!

    【あらすじ】空慈の幼馴染み兼同居人は、「クールでミステリアスな美少年」として人気のアイドル・光樹。仕事はデキるけど生活能力皆無で危なげな光樹を守るため、恋心をひたすら隠し世話を焼いている空慈だが……!?


     【感想】崎谷さんの昔の作品らしいです。小説ラキアで掲載されていた2001年のお話だそうです。
    嬉しいですよね♪崎谷さんの昔の作品って文庫になっていてもなかなか手に入らないですからね。

    それにガッシュさんでは初めてお目見えでしたので、これからもどんどん色んな所に進出して行って欲しいですね。

    作品の内容は、甘〜いお話でした。しかし!!本編はどちらかというとおかん!!ですね。
    生活能力皆無の光樹の面倒をひたすら見てます。寝食すべて・・・。恋心を隠しての忍耐力!!なんですが、高校生にしてはものすごく達観している!彼です。でもそういう設定なので、彼なりに頑張って我慢してたんでしょうけど、まさにおかん!でした。しかも大阪の♪
    崎谷さんの大阪弁って結構不思議な感じでした。
    特に違和感は無かったですよ!!素敵な大阪弁でしたね♪

    書き下ろしで3年後と10年後のお話が入ってました。それがとても良かったです♪さらに甘々アップしてました。
    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(2) | - |
    2011.05.25 Wednesday 00:01 | usamomo
    ミントのクチビル-ハシレ- /崎谷はるひ  絵:ねこ田米蔵
    評価:
    崎谷 はるひ
    幻冬舎
    ¥ 650
    (2011-05-18)
    コメント:きゅんきゅんでしたね。多少のもどかしさは感じたのですが、それも切なさのスパイスかと?思いながらもありきたりのすれ違い・勘違いにまんまと、どっぷりとはまってしまいました♪甘くてとても良かったです。でもこの顔で優しさで、あのエロさ!!すごいです。

    【あらすじ】初恋相手との初H後、相手に暴言を吐かれた桜哉。そんな桜哉を助け優しくしてくれた邦海に、桜哉は惹かれはじめ…!?

     
    【感想】崎谷さんの狙い通り!!甘〜いお話でした。かなり無理な推敲だったようです。ファンの私はとっても満足しました♪

    大好きなシリーズの最新刊です。今回は第3弾の昭生と伊勢が出演しています。
    どうも主役の二人は第3弾でもチラリと出ているらしいんですが、私は覚えていませんでした。
    なのでまた今度再読しなければと思っています。

    次回の最新刊で登場する主役の二人もチラリと出ていますのでそれもまた楽しみの一つとなりました♪
    本当の甘〜く、ただ甘いだけじゃない、すれ違い・思い違いのちょっぴり切ない王道路線でとても満足しました。
    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(4) | - |
    2011.02.19 Saturday 00:01 | usamomo
    プリズムのヒトミ―ヤスメ /崎谷はるひ   絵:ねこ田米蔵
     【あらすじ】大人気信号機シリーズ作品集! 学生同士・先生×生徒・高校時代からの腐れ縁の弁護士×カフェオーナーの3組のその後を収録! 


    【感想】信号シリーズの番外編♪
    3CPのお話を1冊にまとめてあります!1冊ずつでも良かったのに〜!と思いましたけど、1話1話はちょっと短いけれど、内容はぎゅっとつまっていて満足しました。時間枠もちょっとずつリンクしていて、それも読む楽しみになりました♪
    すごく好きなシリーズだったので、とっても嬉しかったです。

    1冊373Pもあります♪単純に考えても120Pずつはありますので、最初は少ない!って思ったのですが、読み終わった後はそんな短さも感じないくらいの読了感でした。ちゃんと各CPごとに山もあって切なくて、そして最後にはちゃんと甘〜く収まって満足いく1冊でした

    読む前までは、1位栢野×朗CP 2位冲村×史鶴CP 3位伊勢×昭生C
    だったのですが、読了後は一体どう変わったんでしょうね?
    案外1位はムラジ君だったりして(笑)
    評価:
    崎谷 はるひ
    幻冬舎
    ¥ 680
    (2011-02-15)
    コメント:1話1話はちょっと短いけれど、内容はぎゅっとつまっていて満足しました。時間枠もちょっとずつリンクしていて、それも読む楽しみになりました♪

    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(0) | - |
    2010.12.22 Wednesday 00:00 | usamomo
    夢をみてるみたいに /崎谷はるひ   絵:せら
    評価:
    崎谷 はるひ
    幻冬舎コミックス
    ¥ 560
    (2010-12)
    コメント:可愛らしい♪内容の本ですね。ほのぼのとして、悩み少なきって感じに取れる内容でした。弓彦がとってもお行儀が良かったです。

    【あらすじ】アパレルメーカー社員の未来美紀は、社長の息子で年下の嘉島弓彦が苦手。過剰なスキンシップで美紀に迫る弓彦は!? 文庫化!

     

    【感想】昔の作品の新装版です。この頃の作品は古本屋でもなかなかゲット出来ないので、ファンにとっては新装版は嬉しいことですね。
    ほのぼのとしていて、可愛らしい受けです。痛くも重くも無い内容で、今の崎谷さんからはかなりかけ離れたお話です。楽しく読めましたが、心に残る1冊になるような内容ではなかった気がします。



    アパレルメーカーに入社して2年目の未来です。
    ずっと社内の樋口という男に片思い中です。未来はゲイなのですが、それを面接の時に舞い上がってカムアウトしてしまいます。その時トイレで泣いている所を慰めてくれたのが樋口?だったようです。
    と言っても視力が悪いうえに、ちょうどその時はコンタクトをしていない状態だったので、確かではないのですが、入社が決まってから未来は樋口に片思い中です。
    社内ではもちろん未来の性癖も知られていて、未来がいる部署というのが女性ばかりの所で純情可憐な未来は先輩方にとても可愛がられていました。
    ただ一人苦手なのが、社長の息子で今年からバイトに入っている弓彦です。
    いつもからかわれるし掠めるようにキスしてきたりと、いつも怒っている未来です。
    怒っていながらも嫌いになれない未来でした。
    そんな感じで話がほのぼのと進んで行きます。中盤にくるまでに未来の本当の恋の相手というのは想像が付いてきます。
    そして両思いっていう事も・・・。なので特にこれといったドキドキ感もなければ、せつなさもなかったのですが、普通に楽しめた作品でした。

    ただとても弓彦がお行儀のいい坊ちゃまでした。
    挑発される形で怒って未来と関係を持つという場面でも、最後まではせずに、本気で好きだから、ちゃんと気持ちが通じ合わないとこういう事はしない!とカッコいい事を言ってました。

    今の崎谷ファンにはかなり物足りない様に感じますが、箸休めという感じでほのぼの感を味わうにはいい作品ではないかと思いました。







    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(2) | - |
    2010.12.10 Friday 08:00 | usamomo
    せつなの夜に触れる花 /崎谷はるひ   絵:おおや和美
    評価:
    崎谷 はるひ
    角川書店(角川グループパブリッシング)
    ¥ 600
    (2010-11-30)
    コメント:江上がとっても気に入りました♪ウザくなるような受なのにそれほどいやに感じなかったのは崎谷さんの技ですね。

    【あらすじ】崎谷はるひ&おおや和美で贈る「ブルーサウンドシリーズ」最新作 かつての恩人を捜している京は、アークティック・ブルーでバーテンダーとして働く江上がその人だと知る。彼と話しをするため、酒が弱いのに飲みすぎて倒れてしまった京。気がつけば、江上に介抱されていて…!?


     【感想】すっごく良かったです♪短編集から早1年経ったんですね。
    江上は『振り返ればかなたの海』に出演しているらしいです。残念ながら私の手元にはもうないので確認することも出来ずに・・・。ブルーサウンドシリーズからは和輝と山下が出てきてました
    山下が店長のバーでのお話です。
    かなり自分勝手というかウザい系の受・京の言動・行動は普通に読めばかなりむかつくタイプですが、イヤだと思う事もなく読めたのは崎谷さんの技ですね!切なくて、江上の行動が温かくってとても満足出来ました。ただ、もうちょっと抑え気味の可愛い一途系の受けちゃんだったら星5にしてたかも!とは考えました。


    昔、助けてもらった恩人を探していた京は『アークティック・ブルー』で働く江上に辿りつきます。
    それが山下の店です。バーテンの江上にお礼を言いに来たはずだけれど、なかなか切り出せずに初めてきたバーというものに慣れない京は強いお酒を、注文してしまい倒れてしまいます
    そして江上に介抱されます。
    何度かお礼をいうタイミングはあるのですが、なかなか言い出せない京です。
    江上が昔後悔したことがあると言った事が、自分のせいである事を知っている京は、話を切り出せばきっと今のように会うことも出来なくなる事が怖かったのでしょうね・・・。
    中盤以降にならないと、この助けてもらった出来事は明かされません

    この出来事は結構ヘヴィでしたね。
    帰国子女である京学校で苛められていました。そしてそんな中、9歳の京が出会ったのが、プロボクサーの江上です。ロードワーク中の江上と犬の散歩の京は挨拶を交わす程度だったのですが、京にとってはとても楽しみにいていた出来事だったんです。そんな時苛めっこに殴られている所を江上が助けてくれる。それから江上に懐いていく京です。

    京の家は結構な資産家だったのですが、京のいじめを見て見ぬ振りとしていた担任が学校側から咎められ減給処分を受けて京を恨んでいて、京の家からお金を取ろうと誘拐しようとします
    そこを助けてくれたのが江上なのですが、何人もの人に囲まれて京を守る為に拳をふるい助けてくれるのですが、この事件が原因で江上は逮捕され、目の上に傷が出来視力が落ちてボクサー生命も絶たれてしまったのです。
    京はその辺りの事を忘れてしまっていたのです。そして江上が自分の前から去った本当の理由も忘れてしまっていたのです。

    最後は京のちからわざです。押しまくりでしたね。押して、押されて、それでも押してと・・・。
    江上に無視されようともめげずに江上の元へ通いつづけます。
    そんな京に絆されたという訳ではなく、江上もちゃんと京の事を大切に思っていて、だからこそ京を突き放してきたんです
    最後はかなり急ぎ足でくっついた気がしますが、過去と現在を上手くまとめないといけないので、それは仕方ないかなとは思いました。Hも今回はあまり濃いくなかったですね
    出来ればもっとラブラブしている二人を堪能したいので、続編か短編を読みたいです♪


    すごく長々と書いてしまいましたね・・・。とっても気に入るとすらすら指が動くんですよね。
    かなりネタバレしてしまったのですが、とても満足しました。

    江上の年齢が38歳なのですが、崎谷さんは40歳越えで考えていたみたいなのですが、ルビーさんのNGコードだったみたいです。NGコードなんてあるんですね!!
    いったい後どれだけのNGコードがあるんでしょうね。すごく気になりますね!
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(0) | - |
    2010.10.18 Monday 08:00 | usamomo
    サーカスギャロップ /崎谷はるひ   絵:今市子
    評価:
    崎谷 はるひ
    フロンティアワークス
    ¥ 670
    (2010-10)
    コメント:お話自体は面白いんだけど、美久がうざい・・・。面白いんだけど、あんまり好きな題材ではないですね。なんともいいようがない・・・。展開がいいだけに、ボツにも出来ないし、出来れば女がどうこうってお話だったら良かったに・・・、とは思いました。

     【あらすじ】俺のにしたい。ていうかもう俺のだろ?;平凡な会社員の日下は、結婚も考えていた美久からの誤メールで、彼女の浮気を知る。悩む日下の元に阿東という男から「会って話そう」と連絡が。長身美形、色気のある阿東に日下は負けた…と感じるが、彼との話で更に別・・・。



    【感想】展開もお話もすごく面白いのに・・・。彼女の美久がうざい・・・。
    もっと違う展開というか、なんだろ?そんなに美久を押し出さなくても、いいだろうって思うぐらいに、嫌な女でしたね。恋愛面がどうとかというより、美久がひどすぎてそっちに喰われすぎた感じがします。
    最初ちょっとウザイ日下結構男気があって、頭の回転もよくってキャラ的にはすごく好感持てました。なのですごく、私の中では葛藤?というより、感想が分裂してます。

    お話はすごく面白い!でも彼女中心?的な内容だったので、それが気に食わない!これが元彼とかだったりするとちょっとはBL的には納得できるかな?とか・・・、でも美久でなければこの展開の面白さはないだろうし・・・といささか支離滅裂です。

    このお話は『花がふってくる』のスピンオフです。前作の二人は名前のみの出演なんですが、前に結婚寸前で振られてしまった彼女がこちらで出てくるカッコいい理名・そして親友だった佐伯です。

    誤メールが2週間ほど前から送られてくるようになります。日下は結婚を考えている彼女いるのですが、その彼女がどうやら浮気をしているらし・・・、と疑うメールが送られてくるようになるんですが、とってもお馬鹿な女のメールです。相手は『ヒロくん』らしいんですが、そのメールのお陰でかなり落ち込んでいる日下です。最初のこの辺の日下は結構ウジウジっぽくてウザイですね。

    その浮気相手から会って話がしたいとメールが来ます。いつまでもウジウジしていても仕方が無いと思った日下は会うことに・・・。その相手が阿東なんですが、会ってすぐに負けたと潔く身を引く事に決めた日下!なのですが、どうやらもう一人浮気相手がいるらしい・・・。
    ここでちょっと美久視点で整理すると・・・、

    日下×美久・・・交際歴5年・ATM(貢君)・結婚相手
    阿東×美久
    ・・・交際歴1年・本命・恋人
    もう一人の男×美久
    ・・・交際歴?・セフレ

    と分けているみたいです。段々と美久が壊れていきますよ・・・。
    このお話を語るには美久は外せないんですよね・・・、いっそスッパっと外したい気持ちは一杯ですが、最後の方で日下が言った事が今回の要因なんでしょう。
    自分に中心でいつでも注目を浴びていたい、自分を一番に考えて欲しい・・・、という気持ちから、まず仕事で忙しくなった日下が自分の相手をしてくれなくなった時に、阿東と出会って逆ナンして交際、そして今度阿東が仕事で忙しくなって、出会い系サイトみないたので知り合ったもう一人のヒロと付き合い始める、といった感じです。

    ヒロと共謀して阿東の店に被害を加えたり、中傷メールを送ったりと結構子供みたいな嫌がらせだけれど、ひつこいです。最後は警察に捕まるんですけど・・・、とにかくウザかった。

    恋愛面といえば阿東はバイです。日下はいろいろと阿東のツボに入ったみたいですね。二人でいろいろ美久対策を練っている時に口説きだすのですが、日下にしたら美久の事でキャパが一杯だし、まだ完全に美久とは別れてないから、二股と言えば二股だし・・・と、これが終わるまでは考えられない!と言い切る日下は最初にウジウジが嘘の様に男前です。

    美久というキャラが強烈すぎて恋愛面はかなりかすみます。個人的には理名さんが幸せになれて良かったなぁって思いました。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(4) | - |
    2010.09.27 Monday 08:00 | usamomo
    静かにことばは揺れている/崎谷はるひ   絵:志水ゆき
    評価:
    崎谷はるひ
    幻冬舎
    ¥ 680
    (2010-09-15)
    コメント:前回の二人も出てきてますね。スピンオフなんですけど、今回は受けにちょっと重い辛い過去?というよりしがらみがあるものの寛と綾川のキャラで明るい?感じのお話でとても読みやすかった♪そしてHに関しては挿入してないのになんかすっごくエロ描写でした♪さすが崎谷さん!そしてやっぱり挿絵が素敵ですよね♪綾川がロン毛なのにとてもカッコいい!

     【あらすじ】綾川は音叉セラピスト・白瀬から突然キスされる。ゲイではないと伝えてから、友情関係となるが次第と綾川は白瀬に惹かれていき…!?



    【感想】『心臓が爆ぜいている』のスピンオフです。前回のCPも出てきてます。弘が前作では降矢の事を苗字で呼んでいたのですが、今回は信仁名前で呼んでるところがちょっと嬉しかったです

    今回は前作に私が気に入った女装の男前の綾川社長のお話です。元々子持ちネタはあまり好きではないのですが、ちゃんといい感じに亡くなった奥さんのお話とかも出てきてちゃんと綾川の中で昇華されていて、読んでいてもとっても気持ちのいいものでした。なんといっても寛が可愛かった♪それに、綾川がめちゃめちゃかっこよかったです!

    弘の紹介で音叉のセラピストを迎えて研修する事に・・・。そしてその食事会の後、誘われているのか?と疑う仕草の白瀬からキスされてしまう。白瀬は元々女装の綾川がゲイだと勘違いしての誘いだったんですけど、綾川はノンケですから、丁重にお断りしてそれから仕事と友人関係という間柄になります。
    そんな時、寛と一緒に買い物行った所で白瀬と偶然出会います。そして綾川の家で一緒にお茶という事になるんです。寛がかなりの懐きようでした。
    そして夏休みの間時間が会う限りは寛の面倒を見るという約束をします。
    普通の友人関係なんですが、皮瀬の方はなんとなく白瀬の事が気になりだしてきて・・・。

    綾川が熱を出して倒れた時に看病をしている白瀬に思わず欲情してしまった綾川なんですが、それから二人もセフレ?ではないですが、そういう曖昧な付き合いが始まります。といってもまだ挿入はしてないんですよね〜♪
    身体は近づいたのに、心は離れて行くみたいな感じで綾川も悩みます。そんな時弘に相談して、背中を押して貰います。

    綾川はすごく奥さんを大事にしていたか、愛していたかを語るシーンがあるのですが、元々子持ち好きではない私ですが、このくだりを読んでとっても素敵な思い出だったんだと・・・。そして今でも綾川の中で息づいているのだと理解したんですが、それでもBLなのに〜!というマイナスポイントにはならなかったです。

    白瀬の方も結構重いしがらみがあります。旧家の長男でなにかと辛い育ち方をしてます。絶縁された今でも、弟からの嫌がらせでかなり辛い思いをしているのですが、綾川は白瀬を自分家族の一員にして、すべての物から白瀬を守ります。
    幸薄の白瀬ですが、これからは綾川と寛に目一杯愛されてこれからは幸せに過ごすんだろうな〜って思いました。

    とっても素敵な言葉だな〜って思ったのが・・・。

    『寿命っていい言葉でしょ』
    『命を寿ぐ(ことほぐ)わけだから。終わりはくるかもしれないですけど、残るのは
    哀しいものばかりじゃない。だからあえて、終焉をさす言葉にめでたい字をあてた。』本文P141


    『なんくるないさ』
    本来は『めいっぱい、やるだけのことを正しくやったら、きっとどうにかなる』本文P233

    この二つのフレーズがとても気に入りました。


    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(1) | trackbacks(0) |
    2010.09.11 Saturday 08:00 | usamomo
    はなやかな哀情 /崎谷はるひ   絵:蓮川愛
    評価:
    崎谷 はるひ
    幻冬舎コミックス
    ¥ 680
    (2010-08-18)
    コメント: 崎谷さんがこのネタって言うのはちょっとずるいだろうと思ったのですが、やっぱり泣いちゃいました。どんなに辛くても苦しくてもやっぱり最後は慈英の為に別れを選ぶ男らしく成長した臣に泣けました。最後に臣に縋りついて泣く慈英にも泣いちゃいました。

    【あらすじ】事件に巻き込まれ、記憶喪失になった慈英。臣のことを忘れた慈英に臣は……!? 大人気シリーズ、待望の書き下ろし最新刊!!



    【感想】正直言うと・・・、記憶喪失ネタは好きではないのです。そしてまさかの崎谷さんがこのネタを使うとは思っても見なかったんです・・・。最初は『え〜っ!』とか思ってたんですけど、この二人のお話だったら、切ないだろうなぁと想像出来て、すごく楽しみにしてました

    やっぱりずるいですよね・・・。このネタ・・・。何回も泣いちゃいました。臣が可哀相で、なのに文句も言わずに最後には慈英のために別れる決意をするんです。たまりませんでした。
    挿絵も最高でしたね。回は色んな人が出てきてとても楽しめました

    慈英が5日間仕事で東京に行くことになりました。寂しい〜♪と可愛い事を言って出かけて行った慈英なんですが、次に連絡が入った時には、事件に巻き込まれて怪我をしたと連絡が入ります
    頑張って休みを取って、東京の病院に向った臣・・・。でも慈英は臣の事を忘れてしまっていました
    忘れているくせにすっごく臣には辛く当たるんです
    そして退院して一緒に長野まで帰るのですが、これもまた臣には辛い生活が待ってました。
    なんせ臣に対してはすっごくきつい当たり方をしてます。そして慈英が出した結論っていうのが、臣に関してのみ記憶が無くなっている・・・。ストレスだったのだろうと・・・。
    そこまで、言うか!というぐらい今回は臣をいじめまくってましたね。なのに臣は辛いのにすっごく我慢してるのがわかるし、切ないしと何度泣きそうになってしまった事か・・・

    どんなに辛くても一番に慈英の事を考えている臣。この7年の二人の絆を見た気がしました
    今の慈英はあれだけど、今の臣があるのは慈英に7年間愛され続けた結果ですから、臣はきっと強くいられるんでしょね。

    でも最後に記憶はまだ完全に戻ってないものの再び臣のことを好きになった慈英が臣にキスする所で、またしてもらえるとは思わなかったと、ポロっと泣くシーンはとっても良かったです。
    その後は7年分の記憶を取り戻して慈英が泣く番なんですけど・・・。
     
    このシリーズはまだまだ続くみたいなので、是非今度は慈英を振り回して欲しいですね。
    県警に移動が決まって、行った先の上司が超カッコよくって臣と・・・、そして慈英がヤキモキする!ってのもいいかもですね♪

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(0) | - |
    2010.07.31 Saturday 09:16 | usamomo
    インヴィジブルリスク 3 /崎谷はるひ    絵:鈴倉温
    評価:
    崎谷 はるひ
    フロンティアワークス
    ¥ 580
    (2010-07-13)
    コメント:ラストのお話が一番良かったですね〜♪でも汐野が逃避行した11年前のお話をジックリ読んでみたいです。

     【あらすじ】「あんたがいるから、絶対、泣かない」; ;春楡を引っ越すことを提案されていた二人だが、杉本との思い出が詰まった春楡に愛着を感じている汐野は、引っ越しを前向きに考えられない。そんなとき、今瀬に二人の関係がバレてしまい本格的に別々で暮らすことを迫られる。まんざらでもない杉本の態度に、動揺を隠せない汐野は…。;INVISIBLEシリーズ堂々の完結編!! 書き下ろし番外編も同時収録予定!


    【感想】4作品載っていました。そのうち3作品は同人誌を加筆修正されています。
    ラストのお話は書き下ろし!

    ちょっと内容的にはラブラブなんですが、汐野が体調を崩して活動停止なんて事になってます。
    なので音楽活動中のお話はないですね。

    やっぱり最後のお話が一番好きです。20年後の二人のお話!!とっても良かったです。
    活動停止を無期にしてから汐野は歌手兼俳優になっています。そして拠点も海外ってことで、
    遠距離恋愛?というよりもこの二人だと単身赴任って感じですね。
    杉本は順調に自分で事務所を起して日々活動中です。

    11年前に逃亡っていう内容が出てきて、その時の様子が少し書かれているんですが、もっとじっくり読みたかったです。汐野のその時の心情っていのをもうちょっと知りたかったです。

    今も尚、汐野の為に曲を書いている杉本なのですが、汐野は杉本の歌を歌うのは辛くて他の人が作った歌を歌っています。それでも杉本は何も言わない・・・。いつか・・・、歌って欲しい・・・。
    そんな感じで熟年夫婦になってもいいような長い付き合いの二人です。

    そしてラストは長時間歌えない汐野が医者と相談して出した結果!!
    30分ライブをする事に!!
    と幸せ一杯で終わりました。

    もっとハラハラドキドキのお話が載るのかな?って期待したのですが、結局二人ともお互いしか目に入らないって感じで甘々二人でした。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(0) | trackbacks(0) |
    2010.07.10 Saturday 08:00 | usamomo
    やすらかな夜のための寓話 /崎谷はるひ   絵:蓮川愛
    【あらすじ】刑事の小山臣は、人気画家で恋人の秀島慈英とともに赴任先の小さな町で暮らしている。ある日、慈英の従兄・照映がふたりのもとを訪れ…。慈英十三歳、照映十八歳の夏が語られる書き下ろし「ネオテニー“幼形成熟”」、商業誌未収録作「やすらかな夜のための寓話」「SWEET CANDY ICE」「MISSING LINK」「雪を蹴る小道、ぼくは君に還る」を収録。


    【感想】 いろいろな物が詰め込まれている一冊という作品でした。
    結構ユニークな部分もあって面白い!何が面白いって、あの堺さんの語り!いかに、臣がエロくて、健全な善良市民に対して、アイス一本食べるだけでも、どれだけ悪影響を巻き起こすかを、大いに語っている所がめちゃめちゃ面白かったです。

    本編の中身が、出会った頃と、2年後、6年後とかなので、その間を埋める様なお話がとってもうれしいですね。何故、同居に到ったのかとか、あの出会いの後の慈英の仕事はどうなったのか?っていう所も書かれてあったので、とっても満足でした。

    そして、最後の短編は、私のお気に入りの従兄弟殿がでてきました。今まで電話のみの登場だったので、とってもうれしかったです。二人の過去との決別?みたいな、お話になってるんじゃないでしょうか?とても、器の大きい男!の照映ですが、「インクルージョン」で彼の葛藤を垣間見ましたから、
    その自分が書いた最後の絵を臣に渡す!という事はかなりの事なのだと思います。
    でも、その話をずっと避けていた二人だったのですが、まだ慈英が13歳の頃の出来事ですから、
    誰が悪い訳でもないのです。でも、慈英が初めて書いた絵が「照映」で、照映が最後に書いた絵が「慈英」というのは皮肉なことだな〜、とは思いましたが、それが今考えると照映にとっては救われたのでは?。でも、従兄弟殿にやきもちを焼く臣は可愛かったですね〜♪
    従兄弟が来ると臣の存在が慈英の中で小さくなるのがたまらなく嫌!っていう、なんて可愛らしいわがままなんでしょうね♪


    次は8月発売予定のルチル文庫さんにてお会い出来るはずですよね。
    なんか、記憶喪失なんて・・・また臣に試練を与えてしまうんですね。
    きっと、切ない設定になるんだろうな。今からとっても楽しみです。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 崎谷はるひ | comments(0) | trackbacks(0) |

    / 1/3PAGES / >>