お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.07.06 Wednesday 00:01 | usamomo
    深愛 プライベート写真 /今城けい  絵:宝井さき
    評価:
    今城 けい
    二見書房
    ¥ 690
    (2011-06-24)
    コメント:面白かったです。ちょっと受けのウジウジ具合にはイライラしましたけれど、楽しく読めました。あの写真記憶という能力もちゃんといかされていて良かったです。

     【あらすじ】世界的カメラマンの郡上と知り合い、日本滞在中のアシスタントを務めることになった七瀬。初日に持った関係は宙ぶらりんのままで…。


    【感想】面白かったです。
    ちょっと受けのウジウジ感はひどかったんですけど、もしこのままもうちょっとこの先の二人を見れたならこのウジウジ感もちょっと成長するかなぁ〜♪そのあたりの甘〜いのも読んでみたいですね〜♪

    でも受けの特殊能力が結構良かった!ちゃんと物語にも生きていて楽しめました。

    二人のすれ違いというかやっぱり受けのウジウジ感とネガティブな所がなかなか二人がCPにならなくてジレジレしましたね〜♪
    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 今城けい | comments(0) | - |
    2010.11.13 Saturday 08:00 | usamomo
    IBARA―茨の檻 /今城けい   絵:北沢きょう
    評価:
    今城 けい
    白泉社
    ¥ 630
    (2009-12-18)
    コメント:面白かった。2作目という事だけど、前作よりも甘々テイストも入っていて良かった♪雛の刷り込みっていう言葉がピッタリっていうのがちょっと引っ掛かりました。

     【あらすじ】借金持ちのホスト。そのわりに必死さに乏しい、飄然とした遊佐省吾。彼の元に、ある日、某社長令息の子守りという高報酬の仕事が舞い込んだ。楽な仕事だ。遊佐はそう高を括り、即応じた。が、あまりに華奢な体、色のない髪、意思を灯さぬガラスの瞳―相手はまさに生きた人形だった。堂薗眞木。彼は一体なぜこんな状態なのか。一言も喋らず、感情に揺れることもない。それを是とする堂薗家の禁忌の秘密とは―。茨邸の眠り姫に捧ぐ、全身全霊の奉仕愛。


    【感想】今城さんの独特な世界は結構好きです。
    挿絵を見て中世モノ?と勘違いしてたのです。ちゃんと日本のお話でした。しかもホストと社長子息だし!今回もちょっと変った設定のお話でした。
    結構甘〜い感じもするし、雛の刷り込み?的な感じもするしと、受け取り方なんだろうけど、私は後者だったんですか、お話自体は気に入りました。


    姉が作った借金を、親と一緒に返す為に、朝から晩まで働いている省吾。夜はホストなのですが、ある日社長息子の子守で高収入の仕事の依頼が来ます。
    朝から夕方まで子守をして、夜はホスト。
    そしてその社長息子・眞木が少し事情があります。容姿は人形のように綺麗だけれど、髪は白く目が死んでいる?感じですね。まさに人形・・・。
    省吾が想像していたのは本当の子供だったのですが、眞木は年齢は20歳を超えています。
    最初の顔合わせの時に眞木が発作に襲われます。
    執事の田中に病名を聞いても教えてくれず、病気を持った眞木と言う人間ではなく、眞木本人を見て欲しいとの要求でした。

    最初は殆ど意志の疎通はないですね。省吾の顔すら見ないのです。でも省吾が根気欲接して行くうちに少しずつ打ち解けてくるのですが、また発作を起して後退・・・。と言う感じで二人の距離が進んで行きます。

    省吾は段々眞木に惹かれていきます。でも槇木は重い過去を背負っています。そのせいで発作を起します。自分は汚れている、そして幸せになっては行けない・・・。一生この荊の檻からは出てはいけない・・・。

    その過去というのは、母と関係を持ってしまった・・・。そして母を殺してしまったということです。
    実際に母親は生きているんですが、槇木の目の前で自殺を図ってそれが原因で動けない身体にはなっているのですが、全ての現況はこの母親の底なしの愛情を搾取?的なものです。どれだけ愛情を注いでも足り無いといってまた要求する。それに耐えかねて父親は家だけ与えて逃げ出す。残された母親は今度は槇木へとその対象が変わってしまう。

    槇木は省吾に出会ってそれを乗り越え、荊の檻からでる。
    というお話なのですが、書き出すと結構説明文みたいにまだまだダラダラと書くことが一杯あるぐらいに1冊に詰め込まれています。
    でも、甘〜い感じやハラハラしたりと、楽しめた1冊でした

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 今城けい | comments(0) | - |
    2010.10.30 Saturday 08:00 | usamomo
    覇王愛戯 /今城けい   絵:陵クミコ
    評価:
    今城 けい
    二見書房
    ¥ 690
    (2010-10-25)
    コメント:人物的には面白いお話だったけど、ちょっと暗いくて重い感じですね。お話も煙に巻かれた感じの終わり方だし、恋愛的にも温かみを感じられない二人でしたね。宮迫がなんといっても男気があるんでしょう。それを繋ぎとめておくには大変な感じもしますね。

    【あらすじ】私はお前を殺さないが、幸福にしてやる気など欠片もない
    同僚の爆死の謎を追い、ミナト市のチャイナタウンへ移り住んだ元刑事の宮迫。
    街を統べる実業家アレックスはそんな怖いもの知らずの宮迫を捕え、監禁するが…。
    ブラックシープ――同僚が遺した謎の言葉を追い、刑事を辞めミナト市のチャイナタウンへ移り住んだ宮迫。この街の実力者は香港出身の貿易商・アレックス。冷静さと美貌を兼ね備え、黒社会との関わりをも感じさせる男に堂々と取引を持ちかけた宮迫はしかし、逆鱗に触れた末に監禁されてしまう。抵抗する宮迫を力で支配しようとするアレックス。そんな中、事件の核心は徐々に二人のもとへ迫っていた――。雑多な中に独自のルールを持ち、活気と優艶が同居する街で、立ちがたい愛憎と想いが奏でる男たちのノワール。



     
    【感想】評価は結構難しいです。お話自体が重い、暗い感じのお話です。受・宮迫のキャラは結構好きですね。男気溢れて嫌いな刑事になっていながらも、女性や子供、弱いモノには手を貸す。そして考え方も常に中立的に考えて行動するところが好感持てました。

    攻・アレックスに対しては、宮迫に対してしている事は結構酷いですね。そして心に暗い闇を持って性格的にも少々破綻気味です。その破綻が宮迫に出会って変わった!と言う感じは受け取れませんでした。この破綻の原因は軽く触れていますが、そんなに悲壮に語られていないけれど、彼の人生を変えた出来事ですので、かなりの壮絶なものがあるのだと思いました。

    すべてのこの愛憎劇は彼の破綻された人格が引き起こしているように感じるのは私だけでしょうか?



    刑事・宮迫は警察の中では浮いた状態です。検挙率はズバ抜けているものの、勝手に行動するわと同僚からは嫌われていたのですが、唯一の現同僚の菱谷は彼を尊敬している後輩でした。
    二人で捜査に当たっている時に爆弾で爆死してしまった菱谷最後に残した言葉・・・
    ミナト市・・・チャイナタウン・・・ブラックシープ・・・。
    その言葉の意味と彼の死の原因を突き止める為に、怪我をしてリハビリを終えて刑事を辞め、チャイナタウンに移り住みます。

    そこでアレックスと関りを持つ宮迫です。なんかこの辺が結構重いし長いんですよね・・・。
    今城さんのお話らしいといえばそうなんですけど、それが重い暗い方向へ行くとこういった感じがするんだと納得しました。

    唯一救われた存在はジンですね。最初から出てくる彼です。途中、宮迫がアレックスに監禁されている中盤あたりは出番がなかったですが、この憎愛劇の終結のキーパーソンがジンでした

    二人の恋愛はというとかなり薄い感じです。なんせ宮迫は41歳ですし、なんか流されてる感じはしましたけど、かと言って弱々タイプではないので、アレックスの事は大事?というよりはこれから、二人の愛を深めて行く感じでしょうか?でも二人とも言葉に乗せるタイプではないので、いい感じの大人の距離でずっと一緒にいそうですね。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 今城けい | comments(1) | - |
    2010.10.09 Saturday 08:00 | usamomo
    薔薇と犬 /今城けい  絵:海老原由里
    評価:
    今城 けい
    ムービック
    ¥ 900
    (2010-09-30)
    コメント:私の苦手な時事系のお話でした。でも、あきることなく最後までハラハラさせられてとても面白かったです。恋愛面に関してはちょっと不満はあるもののすごく楽しめました。

     【あらすじ】お前にわたしをぜんぶやるから;お前もわたしにすべてを捧げろ; ;書記官の成瀬は、大使の護衛である武官補の五辻が気に入らない。融通の利かない年下の男は、安全のためと成瀬の恋愛にまで口を出してくる。苛立つ成瀬だが、五辻と共に邦人殺人事件の謎を追・・・。



    【感想】すごく面白かったです。どちらかというとすごく苦手なジャンルです。時事系のお話はちょっと難しいのと武装とかそういうのも苦手なんです。でもそれを感じさせないハラハラドキドキでした。といっても軽い感じのお話ではなく、文章が上手いんだと思います。すごく引き込まれました。

    東欧の共和国『モルドニア』で任務についている、大使館の書記官の成瀬と武官補の五辻のお話。

    成瀬視点で、進んでいきます。成瀬は五辻の事があまり好きではないみたいですね。五辻は真面目で融通の利かない、無表情な男ですね。成瀬は綺麗な顔をしていて、ゲイではないですが、付き合っているのは男性が多いです。そんな綺麗な成瀬を狙っている男性は多いのですが、結構あしらい方も上手いです。

    このモルドニアの大統領は結構酷いですね。独裁政治といっていいんでしょうね。市民の事は考えず自分達が私腹を肥やす事ばかり考えて行動しています。だから、市民との暴動がいつ起きてもおかしくない情勢です。

    色々と事件などが起こるんですが、一番辛かったのが亡命しようとする人達を捕まえて処刑するという中将が、成瀬欲しさに脅しをかけてきます。自分の身体で人の命が救えるのならと成瀬は言うとおりにします。五辻にしても大使にしても成瀬の行動は気づいていても、止める事も出来ずに、それぞれが人命の為に出来る事をしていました。この辺りはちょっと辛かったですね。

    お話の内容はハラハラドキドキと、とっても面白かったんですが、恋愛面がちょっと物足りなかったです。成瀬視点なので、成瀬の五辻に対する気持ちの変化や熱は感じられたのですが、五辻の熱?が感じ取れなかったのがとても残念ですね。最後までワンコのままでした。せめてHの時は立場逆転みたいなのだったら面白かったかも・・・、と思いました。
    でも、五辻はきっと一生成瀬の事を変わらぬ愛情で愛し続けて行くっていうタイプかもしれないですね。


    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 今城けい | comments(0) | - |

    / 1/1PAGES /