お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2010.08.12 Thursday 08:00 | usamomo
    発明家に手を出すな /烏城 あきら    絵:長門 サイチ
    評価:
    烏城 あきら
    徳間書店
    ¥ 560
    (2005-10-27)
    コメント:面白かったです。恋愛方面よりも、仕事云々が楽しいく読めるのはやっぱり烏城さんらしいですよね♪

     【あらすじ】平井将孝(ひらいまさたか)は発明家に代わって特許を申請する弁理士。ある日、「世紀の大発明家」原田武之(はらだたけゆき)を担当することに。絶え間なくアイディアが湧く噂以上の原田の才能に、将孝は惚れ込む。でも現在開発中の薬剤の検証を、将孝のカラダでやりたがるのはなぜ!? 仕事で研究所に泊まりこんだある夜、将孝はついにベッドに引きずりこまれてしまい!? 天才発明家×弁理士のワーキング・ラブ!


    【感想】面白かったです。「許可証」シリーズほどではないものの、働く男のお話で、とっても面白いですよ。
    こちらのお二人は、発明家と弁理士、なかなか身近にない世界なので勉強?になりつつ楽しませてもらいました。

    初めての顔合わせからとんでもないカッコ?というよりも毛むくじゃらな原田です。
    育毛剤の発明中の原田なので、自分の身体を使って実験中なんですが、そりゃ〜もう、熊男でした。
    そんな彼が脱皮に脱皮を重ね(笑い)最後はとんでもないくらい男前で出てくるんですけどね〜。

    育毛剤の実験台として、将孝にも協力して貰う事になったんですが、そのクスリを塗っているあたりから、二人とも妖しげな雰囲気になってきます。そんな二人も面白かったです。

    なんせ、将孝がキレるとめちゃめちゃ男前なんですよね〜。江戸っ子のチャキチャキって感じでとっても楽しめました。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 烏城あきら | comments(0) | trackbacks(0) |
    2009.12.07 Monday 07:49 | usamomo
    放水開始!”許可証を下さい!6/烏城あきら  絵:文月 あつよ
     【あらすじ】なあ、いつになったら 俺の相手をしてくれるんだ。
    迫り来るISOの内部監査、佐知子との交流断絶、取引先からの一方的要求…。
    問題山積で前原との別居まで考える弘を尻目に、製造部では消火操法の練習ブームが湧き起こっていて…!?
    取引先である大東亜有機の要請でISOの取得に乗り出した喜美津化学。実質的な先導役を務める弘はその膨大な作業に追われているが、悩みの種は遅々として進まない製造部の文書作成。
    ところが当の本人たちは弘の目を盗み、時を同じくして行われる消火栓大会の練習に熱中。
    しかもプライベートでは前原が母・佐知子に弘との関係を明かしたことで、弘と佐知子は口もきけない気まずい状況が続いていて…。次々持ち上がる難題に煮詰まった弘に、前原が施した解決方法とは!?


    【感想】イヤ〜♪待ってたかいが、あったと言うか、満足しました〜。
    内容も展開も・・・って、まだISOかいって感じで「あとがき」も良かったですね〜!
    本の最後のページを見ると前編がシャレードさんの2007年5月号って、なってて、後編書くまでどんなけたった?って感じです。
    すっかり前作の内容忘れてて、なかなか手にとってなかったんですが、読み始めて「あっ!」そうそう、サーカスだった〜!って、思い出しました。
    最初の方は1年半ぐらいのペースだったのに・・・今回は倍ですね。って言っても私が集め出したのは2年前くらいだから。他の人よりは待ってはないですが・・・。でも、次巻で完結みたいですね。
    ちょっと寂しいです。でも、この巻は、問題山積みのまま終わってるので、続きがすっごく気になります。
    ラストはページは、タイトル通り「放水開始!」で、カッコよく終わってましたね!キメって感じでなかなか・・・憎い演出をとか思ってしまいました。でも・・・問題は山積み・・・。
     今回は結構トラブル満載ですね。
    仕事も私生活も、ISOの書類が間に合わない〜!製造の親父達は何を考えたか弘の目を盗んで、消火栓大会の練習に夢中・・・。南の倉庫の中にはタイム記録が満載・・・。なのに、弘の頭の中は、サーカスの団長に「たまに乗ったまま綱を渡って〜」と笑顔で言われてるし・・・。
    とにかく日にちがないのです。内部監査に、消火栓大会と・・・そんな中、前原は、佐知子にカムアウトです〜。
    なんか、久しぶりに両親にカムアウトの本を読んだんですが、なんかやっぱり切ないですよね〜。
    って前原はあんまし気にしてない様ですが。でも、弘には結構重く圧し掛かる〜。
    そんなこんなで、2人の夕食はコンビニ弁当かカップ麺。
    そんな中、内部監査の研修に、弘、と営業の徳永、前原と3人で行くのですが、そこで、徳永に飛んでも無い事を聞いてしまって・・・。
    取引先からの、一方的な要求、そんな三重苦が弘に圧し掛かってきて、前原との、別居を考える。
    すると、前原は、オヤジ達が、消火栓大会の練習している所に弘を連れて行って弘にも息抜きさせ様と考える・・・。っていうか、他の意図もあるんですが・・・さすが、策士です前原!!
    弘も元気になって、オヤジ達もISOに励みだす〜。そんな、前原を見て弘は一大決心をして、両親のいる北海道へ・・・。
    って、感じなんですけど・・・。
    やっぱりカムアウト物はちょっと気が重い、って方でも、結構軽めに、書いてあります。
    反対はされないが、賛成は・・・って感じですね〜。なんせ弘の母は天然ですからね。それに救われた感じはします。でも、勘当されるでもなく、そして、佐知子と弘は和解!って感じなので重くは無いです。弘の両親も良く出来た両親でした〜♪
    弘と前原の関係もなんかちょっと甘々になってきて読んでて楽しかったですね〜。

    今回は、弘の脳内爆走が、少なめだった様な気が・・・。
    でも「ゲンキデール」「デルデル」には笑ってしまいましたが・・・。
    私の一番は、何巻だったか忘れちゃったけど、どっかの役所のメガネかけた「まりも」でしたっけ?・・・しばしお待ちを・・・すいません〜雲丹でした〜山根雲丹「サンコンさん」・・・あれが、一番すきですね〜♪
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 烏城あきら | comments(0) | - |

    / 1/1PAGES /