お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2011.01.22 Saturday 00:01 | usamomo
    まなざしのレジスタンス /水城薫   絵:日下孝秋
     【あらすじ】トップモデル、ショウの大ファンの姉に、騙し討ちでオーディションに連れていかれた、大学生の裕真。だがそこにいた気鋭のデザイナー・滝沢は、偶然街中で出会った裕真を、お子様呼ばわりした相手だったのだ!思わず喧嘩腰になってしまった裕真だったが、数日後なぜか滝沢から「ショウと会わせてやろうか?」と電話がかかってくる。だが、その代償として滝沢が要求してきたのは、裕真のカラダで―!?人気デザイナーと、やんちゃな大学生のシークレット・セクシャルラブ。


    【感想】前作のショウ×藤也のスピンオフで、少しだけこの二人も出てきます。
    デザイナーの滝沢と大学生の裕真のお話です。この巻は二人の出会いなんですけど、かなり微妙な感じの回りくどい関係?ですね。滝沢のキャラは結構気に入ったんですが、裕真はあまり好きにはなれなかったかな・・・。滝沢も言ってますけど、ガキですね。

    『まなざしのレジスタンス 2』

    【あらすじ】「まだ言わないつもり?―本当に強情だね」。新進気鋭のデザイナー・滝沢亨に半ば強引に押し切られ、恋人としてつきあい始めた大学生・青木裕真。彼に秘密にしていたバイトがあっさりばれ、言葉だけではなく身体ごと追及されてしまうことに。だが、亨の左中指にはめられた指輪のせいで、余計ムキになってしまった裕真は…?トップモデル・ショウこと芹沢将臣と享の、大人の駆け引きを描いたスペシャル番外編も収録。


    【感想】滝沢の指輪をめぐって裕真が一人で拗ねてる感じでしょうか?でも面白かったです。
    ただ、裕真の上から目線?的な態度があまり好きになれないんですけど、滝沢にしたらそこがいいんでしょうね♪
    こちらは1巻で言っていた滝沢のショウに対する『貸し』のお話が載ってます♪ショウと滝沢は確かに同じ匂いがしますが、世話焼きの分滝沢の方が好きですね。

    『まなざしのレジスタンス 3』


    【あらすじ】気鋭のデザイナー・滝澤亨に強引に押し切られ、恋人として付き合っている大学生の裕真。知らぬ間に付けられたキスマークにもめげずに友人達とスキー旅行に行ったまではよかったが、戻るなり滝澤の様子おかしいことに気づく。疑心暗鬼で彼の家を訪れた裕真だが、滅多に他人を入れないはずの部屋で、やけに挑発的な美少年・亮と遭遇してしまう。そのうえ滝澤が頑なに外そうとせず、何の説明もしてくれない左中指の指輪は、その亮が贈ったものだと知って…。

    【感想】 最終巻です。結構良かったですね。
    滝沢の弟君が突然帰国したせいで、かなり引っ掻き回された裕真ですね。切ないまではいかないものの大変楽しめました。なにより一番気に入ったのが、姉〜さん視点の4人の飲み会のお話が面白かったです。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 ま行 その他 | comments(0) | - |
    2011.01.13 Thursday 10:03 | usamomo
    ガードライン /水城薫  絵:穂波ゆきね   
    評価:
    水城 薫
    笠倉出版社
    ¥ 935
    (2011-01-11)
    コメント:初めて違うレーベルからという事だったので、ちょっと甘い雰囲気なんか味わいたいなぁって思ってましたけど、その辺りは傲慢攻めでしたね。でもいつもよりは傲慢度は低めだったかな。

     【あらすじ】大学生の匠は、友人の事件から護衛の泰駕と出会う。銜え煙草に見下したような態度ばかりとる泰駕に初めは反発していた匠だが!?



    【感想】初めてルビー以外の出版社様から発行されるということで、いつもと違う水城さんがみれるかな?って半分期待してました♪
    が・・・。どうなんだろ?キャラ的には水城さんらしい傲慢攻でしたね。
    ただ、文章の位置?というか、最初からHでスタートなんです。というのも、よくある、物語の途中をちょっと抜粋して、冒頭に持ってきて、次の章から出会い編が始まるみたいな展開ですね(分かります?)

    結構最初のくだりが長いんですよね。まぁHだから仕方がないのですが、そしてラストのHがそのくだりなんです。だからラストが読者としてはあまり盛り上がらない?感じでしょうか。

    続きを読む>>
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 ま行 その他 | comments(2) | - |
    2010.12.15 Wednesday 08:04 | usamomo
    虜にさせるキスをしようシリーズ /水城薫   絵:日下孝秋
     【虜にさせるキスをしよう】
    【あらすじ】叔母の強引な頼みで、付き人のバイトをすることになった藤也。だが現れたトップモデル・ジェイこと芹沢将臣は、前日に酔った藤也の身体を好き放題玩んだ男だったのだ!何事もなかったように振る舞う藤也をからかうように、セクハラまがいの行為を次々と仕掛ける将臣。しかしその将臣に執拗なストーカーがつきまとっていることを知った藤也は―?スキャンダラス・セクシャルラブ。

    【感想】将臣がとっても傲慢な攻様なんですが、藤也を振り回しているようで、反対に振り回されている所がなんとも言えず愛しいキャラです。恋愛に本気になった事のない将臣がこれから藤也によってどう変わってくるのかが楽しみです♪



    そのくちびるで惑わせて
    【あらすじ】「いい加減、俺のモノだということを覚えろ」偶然引き受けたバイトがきっかけで、トップモデル『ショウ』こと芹沢将臣と、カラダの関係になってしまった大学生の藤也。おまけにまんまとまるめこまれ、彼のハウスキーパーをすることになってしまう。だが、他の男に指輪を押しつけられたことを知った将臣に、無理矢理オシオキされてしまった藤也は…。強引でワガママなトップモデルと、しっかり者の大学生のスキャンダラス・セクシャルラブ。

    【感想】『俺のモノ』という言葉が気に入らない藤也。俺はモノじゃない!って事なんでしょうが、将臣にとっては最大の特別な言葉なんだろうけど、藤也にはなかなか伝わらない。そんな時にに藤也は合コンにいったり他の男と遊んだりとどんどんと将臣の機嫌が悪くなってくる♪楽しいですよね〜。
    振り回されてます!


    おまえが捕らえた指先で
    【あらすじ】「―本当に分からないのか?…これは罰だ」ひょんな偶然からトップモデル・『ショウ』こと芹沢将臣とカラダの関係になってしまった大学生の藤也。ムリヤリ呼び出された撮影現場で、将臣のモデル仲間のユカリが、何者かに突き落とされるところに遭遇してしまう。なりゆきで、彼女のボディーガード兼将臣の付き人として、リゾート地のロケに同行することになってしまうが、ユカリを気にかける藤也の事が将臣を気に入らないらしく…。スキャンダラス・セクシャルラブ。

    【感想】今回はユカリが二人の仲をかき回してました。ユカリのキャラは結構好感をもてました。
    ショウの性格も把握しているから何処まで許されるかの、ギリギリのラインで邪魔をしている所が結構可愛くて、ショウの『覚えておけ・・・』と藤也に言う所はとても面白かったです。

    声なき誓いをその胸に
    【あらすじ】「好きじゃないなら、オレに触らないで」偶然の出会いから、トップモデル『ショウ』こと芹沢将臣と、カラダの関係になってしまった大学生の藤也。だが、どんなにカラダを重ねても肝心な言葉だけはくれない将臣の本音が、藤也にはどうしてもわからない。しかも例によって無理矢理連れていかれた将臣の部屋で、やけに親しげな女性からの留守電を聞いてしまい…!?強引でワガママなトップモデルと、しっかり者な大学生の、スキャンダラス・セクシャルラブ。

    【感想】将臣との関係を悩む藤也ですね。はっきりとした言葉をくれない将臣に藤也は、ダメなら別れると決心します。そういう所は男前ですよね・・・。将臣は周囲の人にいろいろ言われながらも結局自分の気持ちが『愛』だということが認められない?というか『愛』という言葉は彼の辞書には無いのかもしれないですね。でも、やっぱり最後は執着・独占欲とかではなく、ちゃんとした言葉が聞きたかったです。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 ま行 その他 | comments(0) | - |
    2010.11.14 Sunday 08:00 | usamomo
    灼けつく肌の甘美な罠 /水城薫   絵:高座 朗
    評価:
    水城 薫
    角川書店
    ---
    (2006-01-31)
    コメント:再読!シリーズものだけどこの本が一番気に入ってます。傲慢攻はちょっと気に入らないのですが、なんとなく気に入っている1冊です。

     【あらすじ】ゲームプログラマーとしての才能は超一流だが、生活能力皆無な氷山樹は“タダ者ではない雰囲気”の有名ベンチャー企業社長・高遠と出会う。樹が作るゲームの販売権に、破格の条件を提示する高遠に対し不信感を抱く樹だが、強引に誘われるまま高遠に抱かれてしまうことに。それ以来、恋人として付き合うことになった二人だが、高遠には他に目的があるらしく…?超傲慢やり手社長×世間知らず有能プログラマーの危険なラブ・ゲーム。

    【感想】シリーズの第一弾目です。
    この後、スピンオフで何冊か続いているのですが、私の手元に残っているのはこの1冊です。
    シリーズの中ではこのお話が一番好きです。ちょっと受けちゃんがおどおど系?でイライラはするし、攻は、傲慢だからムカつくのですが、このお話自体は好きです。

    始まりは一つのゲームソフトからです。高遠は昔したゲームによって後を押される感じで今の自分があると思っています。そのゲームの創作者を探しているのですが、HNのみで素性は一切わからず、しかもその後、新作が出るでもなく消えてしまった人を探しています。
    そして目を付けたのが『』というゲーム会社です。高遠自身も会社を経営していて、そこで『ブランチライン』が作ったゲームソフトを売り出そうと交渉しています。
    『ブランチライン』と言う会社は小さい会社です。大学の同期4人が立ち上げた会社で後何人かいます。
    関口が代表として難波、皆見、そして氷山です。実はこの氷山が高遠の探しているゲームの創作者なのですが、とても内気でウジウジ系ですね。食も細いわ身体も細いし小さいといった感じです。人見知りが激しくて、そんな氷山を昔から世話をしているのが関口です。めちゃめちゃ過保護ですね。
    そんな二人は恋人同士だと噂も流れています

    ゲームを作ってもらうには、氷山を丸め込めば大丈夫と考えた高遠です。
    そして段々と氷山は高遠に惹かれて行くのですが、高遠は自分の気持ちに気づいてません。
    何故、氷山を見てイライラするのか、氷山が関口の話をすると余計ですね・・・。
    そんな自分にイライラして契約を期に氷山に辛く当たりだします。氷山はそれでも忙しいんだ!と健気に待ってるのですが、皆で恋愛談義をしている時に自分は高遠の恋人ではない事に気づきます。
    それでも少しの期間は幸せだったと・・・、高遠の為に最高のゲームを作ろうとして、身体を壊してします。

    この頃の水城さんの書かれる攻っていうのは傲慢であまり好きではないのですが、お話が好きでよく読んでいました。でもひとつあまり好きになれない所がありまして・・・。
    Hです。なんか愛があまり感じられないんですよね・・・。
    このシリーズもそうだしデビュー作と次の作品と・・・。でもお話が好きで全部かってるのですが、もうちょっと愛のある行為を溢れさせる感じが欲しいですね。

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 ま行 その他 | comments(0) | - |
    2010.09.30 Thursday 08:00 | usamomo
    官能と快楽の砂漠 /眉山さくら  絵:小山田あみ
    評価:
    眉山 さくら
    リブレ出版
    ¥ 893
    (2010-09)
    コメント:よくある話。展開も予想通りだし・・・。アラブモノで久しぶりに眉山さんを読んでみようかと思って購入したけど、萌えがなかった・・・。

     【あらすじ】朔矢は少年時代をアラブの王国で過ごし、偶然知り合った王子と恋に堕ちてしまう。熱く愛し合う二人だったが、朔矢は王族から「別れて欲しい」と嘆願され、王子に内緒で日本に戻る。しかし約10年後、大人になり国王となった王子は朔矢をさらいに来て…!!



    【感想】私の中ではイマイチでした。
    一度は身を引いた朔矢が、9年ぶりに現れたイスハークに連れ戻される・・・。
    っていう、よくある設定なんですが、私の大好きな設定♪なので、眉山さんの作品も久しぶりだし・・・、と思って購入しました。

    少年時代、建築家の父と一緒にアラブで過ごしていた朔矢です。ホテルの完成披露パーティで偶然、イスハーク王子と出会って友達になります。その時朔矢は13歳イスハーク11歳です。
    そのパーティが火事になり朔矢の父は死んでしまいます。
    その火災すべてが朔矢の父の責任になり、親戚も引き取って貰えずに、一人になった朔矢をイスハークが面倒を見るといいだし、朔矢は彼の側で仕える事に・・・。
    それから2年の月日が流れたある日、イスハークに襲われて、それから愛し合います。

    そんな逢瀬を国王に見つかって、朔矢は日本へ戻ります。
    そして9年後イスハークが朔矢を迎えに来ます。実質今、国の実権を握っているのはイスハークです。だから誰も、イスハークには逆らわない。

    朔矢はイスハークの事を諦めると何度も何度も心に決めるのに・・・、流されてる・・・
    ここがちょっと私の好きな展開ではなかった・・・。なんか流されHは仕方ないにしても、ハーレムの姫に嫉妬して、自分から誘ってるところが気に入らなかった・・・。

    最後にはその、姫に『イスハークと結婚して欲しい』ってまで言ってるし・・・。なんか言動と行動がイマイチ共感できなかったんです。
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 小説 ま行 その他 | comments(0) | - |

    / 1/1PAGES /