お知らせ♪
今まで遊びに来てくださった方々、 たまたまこちらに来てしまった方、そしてブロとも様、 どうもお世話になりました♪ しばらくの間は、このブログは閉鎖せずに そのままにさせていただきます。 引越し先は
  • 『BL library』
  • そろそろ記事も尽きてきているので 次はゆっくりのんびりと更新していこうと思っています。 出来ましたらそちらの方まで来て下さったら嬉しいです!! 今までありがとうございました♪ そしてこれからもよろしくお願いします♪     By usamomo

    Selected Entry
    Recent Comment
    Recent Trackback


    6月購入本・感想




    qrcode
    ↑ケータイで読む↑



    2012.02.06 Monday | スポンサードリンク
    スポンサーサイト

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | - | - | - |
    2010.06.04 Friday 08:00 | usamomo
    手をつないで、ずっと  /真先ゆみ   絵:北上れん
    手をつないで、ずっと (リンクスロマンス) 手をつないで、ずっと (リンクスロマンス)
    (2010/05)
    真先 ゆみ

    商品詳細を見る

    【あらすじ】失恋し、やけ酒を飲んでいた静和は、会話をしたこともない同じ大学生の椿本から、告白され…。シリアスラブストーリー登場!!


    【感想】思いっきり表紙買い!です!もう!素敵すぎて・・・とんでっちゃいそうです!中の挿絵も最高でしたね〜♪
    私は北上さんの攻め眼鏡黒髪がもう一番好きで!!これはドンピッシャでした♪


    お話はというと、3篇のってまして、表題が雑誌掲載で、あとの2編は書き下ろしの番外編でした。

    正直雑誌掲載分はイマイチというか、ふ〜ん♪って感じだったんですが、後の書き下ろしの2編はとっても気に入りました♪

    幼馴染の親友にずっと恋してきた静和。彼女がいる時もずっと側で見守って、応援してきたんですが、大学に入って周が好きになったのが男だったんです。そして1年口説いてやっと付き合い始める二人。というところから始まります。
    失恋のヤケ酒で、同じく酔っ払いのリーマンに変な所に連れて行かれそうな所を助けてくれたのが、椿本!!そう彼がお相手です!
    実は同じ大学だった,椿本はずっと静和の事が好きだったと告白して、とりあえず・・・友達から付き合いが始まります。二人がくっつくまでが1編目です。

    書き下ろしは案外!どころか独占欲丸出しの椿本に惚れましたね〜♪あんなカッコいい北上さんが書かれた椿本にあんな風に惚れられたらイチコロですね。
    私みたいな純情は娘は・・・(エヘヘヘヘ・・・)

    椿本がヤキモチ焼いたり、静和が不安になったりヤキモチ焼いたりと、書下ろしはかなり気に入りました。本編だけなら、きっと古本屋行き確定だったんですが、お気に入りに仲間入りです〜♪


    お気に入り度:★★★★
    挿絵度:★★★★★
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 真先ゆみ | comments(0) | trackbacks(0) |
    2010.01.03 Sunday 08:03 | usamomo
    伴侶の心得 /真先ゆみ  絵;一馬友巳
     真先さんの本は昔結構読んだきがするんですが・・・。
    これは思いっきり表紙買いです。あらすじも、何気に面白そうだったので購入しました〜♪

    【あらすじ】神社で怪我をし、動けなくなってしまった高校生・深森。彼を助けてくれたのは自らを「天狗」と名乗る黒ずくめの男・百嵐だった。治療のため彼の屋敷に連れてこられた深森は、百嵐のことを怪しみつつも、傷が癒えるまで滞在することになった。母に捨てられてからは人を信じず、誰にも心を許さなかった深森だが、強引ながらも自分のことを心から気遣う百嵐の姿に徐々に惹かれはじめる。だが、百嵐がある思惑をもって深森に近づいたことを知ってしまい…。

    【感想】何はともあれ、表紙最高です!!百嵐がとっても素敵でしたね〜♪
    お話的には甘々で、愛されている深森〜!って感じのお話です。
    悪くはないのですが・・・結構普通かな?これだと天狗でなくても?良かったのでは・・・って思ってみたり・・・天狗と人間って事で命の長さが違う。
    その辺の事は何も記されてないんですよね。深森が滅びるまで一緒にいるって感じなんですが・・・。天狗なんだから、深森を天狗にして、子供の産める身体にして・・・生涯一緒に過ごすくらいの展開を示して終わりにして欲しかったです。

    お話は、天狗と人間のお話なんですが、2人は深森が小さい頃に一度出逢ってるんです。
    この百嵐はとっても愛情深い天狗様です。小さい深森が辛い目に合わないようにと、お守りの石を上げるんです。出逢ってすぐですよ!そして、また、偶然出逢うのですが、これは百嵐にとっては必然なんですけどね〜。
    それには、理由があるんです・・・。足を怪我した深森を百嵐が屋敷につれて帰って看病してくれます。
    だんだん、深森は百嵐の存在に深く寄り添ってしまう。今まで一人で生きてきたのに、百嵐に出逢ってから、甘えて・・・弱くなってしまったんですね。
    深森は何故か人間関係が上手く行かない。ずっとそれを寂しく思っていた。
    ある友達は「お前の傍は居心地が悪い〜」といって離れていくのです。
    そんな寂しい心の内を百嵐に明かしてみたりと・・・だんだん懐いていく。
    そんな時、龍神様が深森の大切な石を奪ってしまう。
    その石をくれたのが、百嵐だったんです。
    深森からその石を奪おうとするのには、理由があったんですが・・・ってな感じです。
    深森の押しで二人はカップルになるんですが、百嵐は天狗様の割りには優しすぎて、押しが弱い!深森の為に・・・、的な感じでそれが、とってももどかしくって・・・もうちょっと押せ押せのキャラでも良かったのでは、なんて思いました。
    書き下ろしはライバルが出てきてちょっぴり切ない系にしてありました。
    最後は百嵐との愛の為なら戦う敵な深森でした!
    応援! ブログ村ランキング
    web拍手 by FC2
    | 真先ゆみ | comments(0) | - |

    / 1/1PAGES /